食事・レストラン

ローソン、三陸鉄道 リアス線開通を記念し岩手県の食材使用「さんてつ応援パン」を東北エリアで発売

2019.03.20 10:05 更新

 ローソンは、3月19日から、岩手県の食材などを使用したパン「さんてつ応援パン~あまじょっぱい仕立て~」を東北エリアのローソン店舗(1153店:2019年2月末時点、「ローソンストア100」を除く)で発売した。このパンは3月23日の三陸鉄道リアス線開通を記念して、スマイルとうほくプロジェクト・白石食品工業・ローソンによって企画された商品となっている。

 「さんてつ応援パン~あまじょっぱい仕立て~」は、ふんわり食感の塩味が効いた生地(岩手県産小麦「ゆきちから」配合)でうぐいす豆を包み、岩泉牛乳(岩手県にある岩泉ホールディングス製造の岩手県産生乳100%の牛乳)入りホイップを合わせて、甘じょっぱさを表現した。小さくちぎってシェアして食べやすいパンとなっている。同商品は地元のパンメーカー白石食品工業の盛岡工場で製造する。

 三陸海岸沿いには、現在「三陸鉄道 北リアス線」(宮古~久慈間71.0km)と、「三陸鉄道 南リアス線」(盛~釜石間36.6km)が運行しているとのこと。その2路線の間にあるJR東日本 山田線(宮古~釜石間55.4km)は、東日本大震災による津波で路盤が流失するなど甚大な被害を被りそれ以降8年間不通が続いていた。今回宮古~釜石間が復旧し、JR東日本から移管され3月23日から「三陸鉄道 リアス線」として運行を開始する。

 ローソンは今後も、地元食材を使用した商品の発売や、ご当地の有名店や食品メーカーとの取り組みを通じて、被災地復興の支援に貢献していく考え。

[小売価格]150円(税込)
[発売日]3月19日(火)

ローソン=https://www.lawson.co.jp


このページの先頭へ