食事・レストラン

松屋フーズ、ステーキ業態「ステーキ屋松」を東京・三鷹に開店

2019.03.11 11:27 更新

 松屋フーズは、新たにステーキ業態の「ステーキ屋松」を中央線三鷹駅北口に開店する。

 ステーキ屋松は、「いつもの食事にステーキを」というコンセプトの基、厳選された素材を使用したボリューム満点かつ健康的なメニューを手軽な価格で日常的に利用できるお店とのこと。

 ステーキ屋松のこだわりが多くつまった「松ステーキ」は、牛の肩甲骨付近の部位のミスジステーキで、サーロインやヒレとは違った食感と柔らかさを楽しめるという。また、ステーキ屋松では、赤身と脂分のバランスがよい「ミドルリブステーキ」、脂分が少なく程よいサシが入りジューシーな「トップリブステーキ」も用意しているとのこと。このリブステーキは、米国農務省(USDA)が定める品質基準よりも厳しい10項目の基準をクリアしたCertified Angus Beef(認定アンガスビーフ)を使用しており、高品質で安全な肉を提供するという。さらに、メインメニューを注文の消費者に限り、サラダバー・スープバー付きとなっている。

[店舗概要】
店名:ステーキ屋松 三鷹店
所在地:東京都武蔵野市中町1-1-8 HN28ビル
開店日:3月12日(火)11:00~
営業時間:11:00~22:00(定休日:無し)
席数:23席
駐車場:無し
主なメニュー:
 松ステーキ 200g:1000円
 ミドルリブステーキ 200g:1500円
 トップリブステーキ 200g:1700円
(すべて税込)

松屋フーズ=https://www.matsuyafoods.co.jp/


このページの先頭へ