食事・レストラン

大塚製薬、大豆バーSOYJOYブランドから「SOYJOY クリスピー サクラ」を季節限定で発売

2019.02.04 18:32 更新

 大塚製薬は、まるごと大豆の栄養を手軽においしく摂取できる大豆バーSOYJOY(ソイジョイ)ブランドから春の季節限定アイテムとして「SOYJOY クリスピー サクラ」を2月25日から発売する。

 春の訪れを感じさせる桜の香りと上品な和風の味わいで、クリスピーシリーズならではのサクサクとした食感が楽しめる新製品とのこと。健康を気づかう人々の多様な喫食シーンをサポートするとともに、さらなるSOYJOYブランドの成長を目指す考え。

 同社はかねてより大豆タンパク質など豊富な栄養を含む“大豆”に着目し、これまでにない新しい形でその健康価値を提供してきた。2006年にSOYJOYを発売し、その後2016年から、大豆パフの軽い食感が楽しめる「SOYJOY クリスピー」シリーズを発売。アイテムを拡充しユーザー層を広げてきたという。

 「SOYJOY クリスピー」シリーズは、小麦粉を一切使用せず、すべて植物性原材料にこだわった大豆バーで、タンパク質を摂取したい人、糖質を気にする人にもおすすめの、高タンパク・低GI食品となっている。タンパク質や大豆イソフラボンなど、素材由来の栄養素を美味しく、いつでもどこでも手軽に食べられる食品として、おやつ替わりや小腹が空いた時など、様々な喫食シーンで食生活をサポートするという。

 「SOYJOY」は、1本当たり約35粒のまるごと大豆と素材の味わいを大切にした低GI食品としてラインアップを拡充。2016年から大豆パフを加えることにより軽い食感と美味しさを実現した「SOYJOY クリスピー」を展開している。

 低GI食品とは、GIとはGlycemic Index(グリセミック・インデックス)の略。食品に含まれる糖質の吸収度合いを示す値でGI値が低いほど、糖質の吸収がおだやかで太りにくいといわれている。GI値が55以下の食品は「低GI食品」と呼ばれており、SOYJOYは全アイテムが「低GI食品」であることを確認している。

[小売価格]115円(税別)
[発売日]2月25日(月)

大塚製薬=https://www.otsuka.co.jp/


このページの先頭へ