食事・レストラン

中村屋、「香りとしびれほとばしる 食べる麻辣油」を発売

2019.02.12 10:03 更新

 中村屋は、「香りとしびれほとばしる 食べる麻辣油(マーラーユ)」を2月11日に発売した。

 中国の四川料理に欠かせない、“爽やかな香り”と“しびれる辛さ”が特徴の四川山椒「花椒(ホワジャオ)」の人気が高まっている。そのような中、昭和7年頃からレストランで中国料理を提供してきた中村屋が、これまで培ってきた調理技術を生かし、本格的な花椒の“香りとしびれ”にこだわった具入り辣油「香りとしびれほとばしる 食べる麻辣油」を開発した。ほとばしる花椒の独特の風味が、麻婆豆腐、ご飯など様々な料理、食べ方で手軽に楽しめる。

 同品は、瓶を開けてすぐ、挽き立てのようなフレッシュな花椒の風味を堪能できるという。香ばしい旨みのフライドオニオンとガーリック、食感のよいナッツ類(クラッシュピーナッツ、ローストくるみ)がたっぷり入って食感も見栄えもよい具材感となっている。麻婆豆腐はもちろん、ご飯との相性もよく、調味料、トッピング、おつまみ、ちょい足しなど様々な料理や食べ方に手軽に使うことができる。

[小売価格]430円(税別)
[発売日]2月11日(月)

中村屋=http://www.nakamuraya.co.jp/


このページの先頭へ