食事・レストラン

中村屋、レトルト食品「インドカリー タンドリーバターチキン」を発売

2019.02.08 18:17 更新

 中村屋は、レトルト食品「インドカリー タンドリーバターチキン」を2月11日から発売する。

 レトルトカレー市場が拡大、多様化を続けている昨今、本格的なインドタイプへの期待も高まっており、特に、バターチキンカレーは女性から支持されているという。そのような中、中村屋は、オリジナルのスパイスとヨーグルトに漬け込み香ばしくグリルした国産骨付きタンドリーチキンと、バター、北海道産生クリームを使用した、濃厚でクリーミーな味わいが特徴の「インドカリー タンドリーバターチキン」を開発した。誰でも食べやすい本格インドカリーが、家庭で簡単に楽しめるという。

 同品は、オリジナルスパイスとヨーグルトに漬け込み、香ばしくグリルした。骨付きチキンならではの旨みと、ほろほろほぐれるやわらかい食感を楽しめるという。バターと北海道生クリームを加え、濃厚でクリーミーな味わいに仕立てた。骨付きチキンの旨みに、完熟トマトの酸味とカシューナッツのコクを重ねた奥深い味わいとなっている。

[小売価格]330円(税別)
[発売日]2月11日(月)

中村屋=http://www.nakamuraya.co.jp


このページの先頭へ