食事・レストラン

宝酒造、「タカラ『料理のための清酒』<純米>500mlらくらく調節ボトル」を発売

2019.02.06 13:58 更新

 宝酒造は、“タカラ「料理のための清酒」<純米>500mlらくらく調節ボトル”を2月26日から発売する。

 “タカラ「料理のための清酒」<純米>500mlらくらく調節ボトル”は、“食塩ゼロ”、“国産米100%”で、米と米こうじおよび水で仕込んだ純米造りの料理清酒とのこと。同社独自の「マスキング酵母21号」の働きによって、生臭みを消す有機酸が約20%アップ(いずれも同社純米酒比)、うまみ成分であるコハク酸が約50%アップ(いずれも同社純米酒比)しているので、素材の生臭みを消す効果に優れ、料理に深いコクとうまみを与えるという。

 容器には、細口&広口の2段式キャップで、注ぎたい量をムダなく注げると好評の“らくらく調節ボトル”を採用した。

 近年、食の安全安心志向により国産原料に対する消費者のニーズが高まっているという。また、調味料市場においては中小容量の伸長が著しく、なかでも原材料や造りにこだわった高付加価値商品が全体を牽引しているとのこと。

 同社では、“タカラ「料理のための清酒」<純米>500mlらくらく調節ボトル”を新発売し、原材料や造り、容器の使いやすさなど、わかりやすい付加価値をもった商品を取り揃えることで多様化する消費者ニーズに対応し、“タカラ料理のための清酒”のさらなるシェア拡大とブランド育成に努めていく考え。

[小売価格]466円(税別)
[発売日]2月26日(火)

宝酒造=https://www.takarashuzo.co.jp/


このページの先頭へ