食事・レストラン

ローソン、"悪魔的"にやみつきになる「悪魔のおにぎり/焼うどん/パン/トースト」を発売

2019.01.11 18:57 更新

 ローソンは、全国のローソン店舗(1万3732店:11月末現在、「ローソンストア100」を除く)で、1月15日から、現在発売中の商品にさらに具材を加えて改良した「悪魔のおにぎり」と、醤油味の焼うどんにあおさ入り天かすを加えて食べる「悪魔の焼うどん」を発売する。また、1月22日から、天かすとあおさをトッピングした「悪魔のパン」と、食パンに2種類のチーズクリームとシュレッドチーズ、砂糖をトッピングしてトーストした「悪魔のトースト」を発売する。

 ローソンで昨年10月から販売を開始した「悪魔のおにぎり」は、白だしで炊いたご飯に、天かす、青のり、天つゆなどを混ぜ合わせたおにぎりとのこと。このレシピは、“悪魔的に”やみつきになる美味しさとして、テレビやSNSなどで話題になったという。特徴的なネーミングとくせになる味わいで、発売からの累計販売数は約1700万個とのこと(1月9日現在)。ローソンのおにぎりで20年以上に渡り販売数1位を維持していた「シーチキンマヨネーズ」の販売数を、一時上回る大ヒット商品となっている。今回は、これまでの商品にごま油とねぎを加えることで、さらに風味を良くした。また、天かす、あおさなどを使用した焼うどんとベーカリーも発売する。さらに、「やみつきになる」商品としてSNSで話題のチーズと砂糖を乗せトーストしたベーカリーも発売する。

 「悪魔のおにぎり」は、白だしで炊いたご飯と天かす、天つゆ、青のり(販売期間中に、「青のり」から「あおさ」に変更する可能性がある)などを混ぜ合わせたおにぎりとのこと。今回はさらに、ごま油とねぎを加え、さらに風味をよくした。

 「悪魔の焼うどん」は、醤油、みりん、砂糖、かつおと昆布の合わせだしなどで味付けした焼うどんに、あおさのり入り天かすを合わせたとのこと。サクッとした食感を楽しんでもらえるという。

 「悪魔のパン」は、薄焼きのパンの上に、天かすとあおさを乗せ、天つゆ入りソース、マヨネーズをかけた。
 「悪魔のトースト」は、しっとり・ふんわりできめ細かい特長の食パンに、2種類のチーズクリームと、シュレッドチーズをトッピングし、さらにグラニュー糖をかけて焼き上げたという。

[小売価格]
悪魔のおにぎり:110円
悪魔の焼うどん:399円
悪魔のパン:150円
悪魔のトースト:125円
(すべて税込)
[発売日]
悪魔のおにぎり:1月15日(火)
悪魔の焼うどん:1月15日(火)
悪魔のパン:1月22日(火)
悪魔のトースト:1月22日(火)

ローソン=http://www.lawson.co.jp


このページの先頭へ