食事・レストラン

マルコメ、麺つゆ代わりにも使える「液みそ つきぢ田村監修 冷や汁の素」を発売

2019.01.11 12:01 更新

 マルコメは、「液みそ つきぢ田村監修 冷や汁の素」を3月上旬から発売する。

 同社の液みそシリーズは液状タイプのみそとして2009年に発売して以来、毎年伸び続けているとのこと。8種類目となる今回は、冷や汁の素。「つきぢ田村監修 冷や汁の素」は、これまでフリーズドライやペーストで販売してきたが、新たに液みそシリーズにもラインアップ。ご飯に冷たいみそ汁をかけて食べる冷や汁は、宮崎県の郷土料理として知られているが、そうめんやうどんを使った涼麺ブームも相まって、全国的に夏の人気メニューとなっている。

 同品は、信州みそと鯖の旨みが合わさり、金胡麻のコクと生姜の風味が絶妙な味わいに仕上がった。冷や汁としてはもちろん、麺つゆや胡麻だれの代わりとしても使えるためメニューに応じて、さまざまなアレンジレシピが可能となっている。

 昨年の夏は記録的な猛暑となり、熱中症の対策手段に注目が集まった。熱中症対策には塩分補給が重要とされているが、昨年はみそ汁が熱中症対策として話題になった。独特の喉越しがおいしく、夏場にピッタリな冷や汁を提案するという。

[小売価格]オープン価格
[発売日]3月上旬

マルコメ=http://www.marukome.co.jp/


このページの先頭へ