食事・レストラン

セブン-イレブン、パーティーシーンに最適なボリュームたっぷりのサラダとこだわり素材のスープを発売

2018.12.03 12:21 更新

 セブン-イレブン・ジャパンは、12月4日から全国のセブン-イレブン2万622店(10月末現在)(一部取り扱いのない店舗もある)で、クリスマスや年末年始のパーティーシーンに向け、期間限定でサラダとスープ計4品を順次発売する。

 クリスマスや年末年始の時期は、ご家族やご友人と食卓を囲む機会が増えることから、定番商品を普段よりも彩りを鮮やかに仕上げた、シェアして食べられる商品の人気が高まるという。

 セブン-イレブンでは今回、惣菜商品において、通常に比べて葉物野菜や上乗せ具材を増量したサラダや、素材や製法にこだわったスープ、この時期ならではの「ちょっと贅沢」をテーマにしたパーティーシーンを彩るメニューを品揃えする。

 セブン-イレブンでは、普段利用してもらっている店舗を通じ、年末年始の華やかな食卓づくりを応援する考え。

 「たっぷりベーコンのシーザーサラダ」は、ボリュームのあるベーコンが目を引くサラダ。具材を定番商品である「4種チーズのロメインシーザーサラダ」の2種類から6種類に増やし、食べごたえのあるサラダに仕立てたという。ベーコンは、豚肩ロースの赤身が多いものを燻製し、約4倍に増量している。
 「国産グリルチキンのサラダ」は、シェアしながらお楽しみいただける、ボリューム感のあるサラダに仕立てた。グリルチキンは、鶏のムネ肉を約60g使用。1枚ずつ専用工場で焼成し、にんにくの風味が効いた醤油ベースのタレで味付けしている。

 「オマール海老のビスク」は、素材には、「海老味噌」が詰まったオマール海老を使用。海老を殻ごと粉砕して出汁をとることで、濃厚なスープに仕上げた。玉ねぎや人参等のすりおろした野菜をじっくり炒めてから、スープを煮込むことで、野菜の旨味を感じられる仕立てとなっている。

 「ビーフシチュー」は、玉ねぎやにんにくを炒めてから、スープを煮込むことで野菜の甘味が感じられる仕立てとなっている。肉を弱火で煮込むことで、肉本来の美味しさが味わえるスープとのこと。具材には、じゃがいも、人参、玉ねぎを加え、彩り良く仕上げている。

[小売価格]
たっぷりベーコンのシーザーサラダ:399円
国産グリルチキンのサラダ:451円
オマール海老のビスク:350円
ビーフシチュー:350円
(すべて税込)
[発売日]12月4日(火)

セブン-イレブン・ジャパン=http://www.sej.co.jp/


このページの先頭へ