食事・レストラン

セブン-イレブン、JR西日本の駅ナカ・セブン-イレブンで「500系新幹線おむすびセット」を発売

2018.12.25 16:27 更新

 ジェイアール西日本デイリーサービスネット、ジェイアールサービスネット岡山、ジェイアールサービスネット広島、ジェイアールサービスネット福岡とセブン-イレブン・ジャパンは、JR西日本関西2府4県(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山)および山陽新幹線の主な駅等(岡山、新倉敷、福山、三原、東広島、広島、呉(在来線)、新岩国、徳山、新山口、新下関、小倉、博多)の駅ナカのセブン-イレブン(259店、11月末現在)において、12月27日から、「500系新幹線おむすびセット」を数量限定で順次発売する。

 5社は2014年3月に締結した業務提携契約に基づき、双方の有する事業インフラ及びノウハウを組み合わせた“新たな形の駅ナカコンビニ”として、駅を利用の消費者や地域に住む人々の利便性向上を目指して取り組んできたという。

 同商品は、大人から子どもまで幅広く人気の“たまごふりかけのおにぎり”や“海老フライ”が入った旅のお供にぴったりの一品となっている。また、年末年始に鉄道を利用する消費者に、旅の思い出の一つにしてもらえるよう、JR西日本の「500系新幹線」をデザインしたオリジナルパッケージを採用した。

 5社は、今後も美味しさを追求した価値ある商品の開発と、地域の人々に喜んでもらえる企画を提案していくという。なお、5社で連携した限定商品の販売は今回が初となる。

[小売価格]398円(税込)
[発売日]12月27日(木)

ジェイアール西日本デイリーサービスネット=http://www.dailyservice.co.jp/


このページの先頭へ