食事・レストラン

サブウェイ、牛肉の名店「格之進」とコラボした新商品「金格バーグ」を本気でリアルに描く動画「どっちが本物の金格バーグ?」を公開

2018.11.30 18:54 更新

 日本サブウェイが展開するサンドイッチ・チェーン「サブウェイ」は、11月30日から来年1月8日の期間限定で発売するサブウェイ本気のこだわり新商品「金格バーグ」を、イラストレーターの徳田有希氏が本気でリアルにイラスト化する動画「どっちが本物の金格バーグ?」を11月29日から公開した。

 今回の動画内でイラスト化した「金格バーグ」と「金格DX(デラックス)」は、岩手県・一関市の門崎(かんざき)が展開する素材の質にこだわる牛肉の名店「格之進」とコラボレーションして実現した新商品。肉通の間で圧倒的な支持を誇る「格之進」にとって飲食業界初のコラボ商品であり、美味しさ・安全・安心を追求するサブウェイと共鳴したことがきっかけで実現したという。

 「金格バーグ」と「金格DX」には、「格之進」こだわりの看板メニュー「金格ハンバーグ」を使用しており、その美味しさを引き出すためにサブウェイは「すりおろし野菜の特製和風ソース(柚子胡椒入り)」と「オニオンセサミペッパーブレッド」を新たに開発するなど、両社の本気のこだわりが結集したサンドイッチとなっている。本販売に先駆け11月1日から7日に行った先行販売では、発売から3日で売切れとなる店舗が発生するなど好調な売れ行きで、販売店280店舗の半数近い100を超える店舗で最終日を待たずに完売したとのこと。

 動画で「金格バーグ」を描く徳田氏は、実写と見間違えるような食べ物の“リアル過ぎる絵”を描くことで度々SNSで話題を呼ぶイラストレーター。Twitterのフォロワー数も19万人を超えるなど、とくに女子中高生の間で絶大な人気を誇っている。サブウェイと「格之進」の本気が詰まった大好評の「金格バーグ」を徳田氏が本気で描くイラストは、どちらが本物か判別するのが難しいほどリアル過ぎる仕上がりになっており、見応え十分な動画に仕上がっている。動画は、サブウェイのYouTube公式アカウント、またWEBサイトの内の特設ページで公開中だ。

 11月30日から期間限定発売する新商品「金格バーグ」は、「格之進」の情熱と技術が結集した「金格ハンバーグ」を原料・製法はそのまま、サンドイッチにベストな大きさにして使用。和風ソースのすっきりとした醤油の味わい、後味のピリリと感じる柚子胡椒の辛味が肉の持つ旨み、甘みをより一層深めるとのこと。またパンは、ホワイトのパン生地に玉ねぎ、セサミ、ペッパーなどをトッピングすることで、香ばしさ・ザクザクとした食感を加えた。

 「金格DX」は、「金格バーグ」にマイルドなスライスチーズとスモーキーなベーコンをトッピング。コクとスモーキーな香りが加わって、さらに贅沢な味を楽しめるプレミアムなサンドイッチとなっている。全店キャンペーンメニューとしては、サブウェイ史上最高価格になるという。

 牛肉の名店「格之進」は、岩手県のブランド肉・門崎熟成肉を取扱う門崎の専門店で、岩手県一関で肉の生産から加工・販売までを一貫して行っている。日本最大級の肉イベント「肉フェス」では、4回連続総合優勝を果たすなど、肉通であれば誰もが知っている有名店だとか。現在では一関の本店をはじめとして、都内六本木を中心に計16店舗を展開しており、多くの肉好きを虜にしているという。今回は、「世界で一番、お肉に真剣な会社でありたい」と考える「格之進」が、美味しさ・安全・安心にこだわる「サブウェイ」の考えに共鳴し、飲食業界で初となるコラボレーションが実現した。

 「格之進」の看板メニューのひとつである「金格ハンバーグ」は、2013年に「ミートレストラン格之進」をオープンした時、「岩手の素材をそのまま生かした、優しい味わいを伝えたい」という思いから開発されたもの。岩手県産の牛肉、豚肉にこだわるとともに、岩手県産の塩麹を使うことで牛肉と豚肉の甘味や旨味を強め、味わいに優しい奥行きを実現している。塩麹や他の材料を混ぜるタイミングや、ハンバーグのためだけに仕入れられた5種の部位(サーロイン、ロース、肩、バラ、モモ)を「早く溶け出す脂」、「食べる時まで肉に残る脂」など部位ごとの特長を考慮して、焼き上がりの状態から逆算した理想のバランスで配合するなど、「格之進」の情熱とこだわりの結晶といえる添加物を一切含まないメニューとなっている。

 また、おいしさだけでなく、「安全・安心」を追求する「サブウェイ」のこだわりも、「格之進」とのコラボ実現につながったという。「金格バーグ」には、合成着色料・合成香料・MSG(グルタミン酸ナトリウム)を一切使用していないとのこと。「サブウェイ」では、今年末までにすべてのサンドイッチから合成着色料・合成香料・化学調味料を排除する予定で、消費者に安心して「サブウェイ」の商品を楽しんでもらうために、これからも食の安全・安心を追求し続けていくとしている。

[小売価格]
金格バーグ:890円
金格DX:990円
(すべて税込)
[販売期間]
11月30日(金)~2019年1月8日(火)予定

サブウェイ=https://www.subway.co.jp/
「どっちが本物の金格バーグ?」WEBサイト=https://www.subway.co.jp/campaign/kinkaku/#special
「どっちが本物の金格バーグ?」動画=https://youtu.be/HPuw0EYMIRI
格之進=https://kakunosh.in


このページの先頭へ