食事・レストラン

富士マリオットホテル山中湖、ホテルレストラン「Grill&Dining G」で旬の食材を味わうディナー「SAKE Cuisine」など販売

2018.11.08 16:20 更新

 富士マリオットホテル山中湖(山梨県南都留郡山中湖村)は、12月1日から来年2月28日までの期間、ホテルレストラン「Grill&Dining G(グリル アンド ダイニング ジー」で、日本酒造りから生まれる酒粕や塩麹などを生かしたユニークなディナー「SAKE Cuisine(サケ キュイジーヌ)」と、日本酒スパークリングを使ったカクテル3種を販売する。

 富士マリオットホテル山中湖では世界中で沸き起こる日本酒ブームと当地山梨県ならではの日本酒造りに注目し、この冬、「SAKE」をテーマにした創造的な料理やオリジナルカクテルを届けるという。レストランでは、地元の日本酒醸造元「七賢(しちけん)」の酒蔵で酒造りとともに生産される酒粕や麹など、大人の味わいを山梨県産の旬食材に取り入れた料理をセミブッフェスタイルで堪能してもらえるとのこと。また、料理と一緒に楽しめる山梨の日本酒スパークリングをベースにした新しい感覚のオリジナルカクテルを販売する。世界が注目する「SAKE」、山梨ならではの名水が作り出す豊かな味わいを、凛とした空気に包まれた冬の山中湖で楽しんでほしい考え。

 富士マリオットホテル山中湖のメインダイニング「Grill & Dinin gG」では、山梨ならではの食材や冬の素材を活かし、酒粕や麹を随所に取り入れた料理をセミブッフェスタイルで味わえる「SAKE Cuisine」を販売する。ブッフェには、塩麹に漬けた山梨で獲れた猪肉などの山梨産ジビエをオークウッドチップでスモークした自家製燻製をはじめ、麹ドレッシングのサラダやデザートには甘酒プリンなどが並ぶ。メイン料理には、富士山や南アルプスの麓に広がる大自然で育った信玄どりのもも肉を塩麹でマリネしたコンフィと沼津港直送の鮮魚のグリルコンボや、富士の伏流水で育った富士山サーモンを甘酒香るクリームソースで味わうグリル料理など、山梨で育まれた食材を使った料理など8種から選べる。

 ホテルレストラン「Grill & Dining G」では、山梨で伝統の酒造りの技術を活かしながらも日本酒の持つ可能性に挑み続ける山梨銘醸株式会社の日本酒スパークリング(七賢)を使用したカクテルを用意した。料理を引き立てる米由来の旨みや甘味を、日本酒カクテルで楽しんでほしいという。

 「七賢キールロワイヤル」は、フルーティーな吟醸香がきわだつ七賢スパークリングとクレームド・カシス(黒すぐり)をあわせ、甘口に仕立てた。

 「七賢ミモザ」は、七賢スパークリングの特徴である、瓶内二次発酵ならではのきめ細やかな泡がスクイーズオレンジのフレッシュな果実味をよりまろやかにしてくれる、フルーティーで口当たりの良いカクテルとなっている。

 「ホワイトカラー」(ノンアルコールカクテル)は、ヨーグルトの酸味と甘酒が程よく合い、グリーンアップルシロップの爽やかな甘味が後を引く、老若男女誰もが楽しめるノンアルコールカクテルとのこと。
[提供概要]
期間:12月1日(土)~2019年2月28日(木)
場所:レストラン「Grill&Dining G(グリル アンド ダイニング ジー)」

富士マリオットホテル山中湖=http://www.fuji-marriott.com


このページの先頭へ