食事・レストラン

ファミリーマート、「FAMIMA BAKERY」からコロネを「ファミマのコロネ」としてシリーズ化し展開

2018.10.02 11:52 更新

 ファミリーマートは、オリジナルのパンブランド「FAMIMA BAKERY(ファミマ・ベーカリー)」から、日本発祥の菓子パンといわれるコロネを「ファミマのコロネ」としてシリーズ化し、10月2日から沖縄県を除く全国のファミリーマート・サークルK・サンクス約1万6400店で展開する。第1弾として同日から「生チョココロネ」など3種類を発売する。

 コロネは、性別や年齢を超え、幅広い消費者に支持されている菓子パンで、昨今は、生地やクリームにこだわったコロネが、専門店などを中心に人気を集めている。

 ファミリーマートでは、気温が低下し、パンの需要が高まる時期に合わせ、「ファミマのコロネ」シリーズとして、パッケージにワンポイントマークをデザインし、定番から生地やクリームに工夫をこらした進化系まで、さまざまなコロネを展開していくという。

 「生チョココロネ」は、昔懐かしいチョココロネを「ファミマのコロネ」としてバージョンアップ。コロネ状に巻いたパンの中にカカオ原料と生クリームを贅沢に使用した生チョコクリームを絞り込んだ。パン生地は、人の手でひと巻きひと巻き丁寧に巻いており、ふんわり柔らかな食感となっている。

 「メロンクリームコロネ」は、メロン風味豊かなコロネ状のパンに、メロンホイップとミルクホイップを絞った。パンの表面に格子状のシュガーコーティングをすることで、メロンをイメージした形に仕上げている。見た目もかわいい、楽しいコロネとなっている。

 「チョコホイップのデニッシュコロネ」は、ビター感のあるチョコクリームを織り込んだ、歯切れのよいデニッシュ生地をコロネ状に巻き、ミルクチョコレート風味の甘みのあるチョコホイップを絞った。ホイップとパンの食感がポイントとなっている。

 ファミリーマートでは、昨年3月から「FAMIMA BAKERY」で「コッペパン」をシリーズ化して展開し、“給食で食べた”など懐かしい商品として、40代の男性の消費者を中心に支持を集めているという。なかでも「コッペパン(ダブルピーナッツ)」は、菓子パンの売上ベスト3に入る人気商品となっている。

[小売価格]
生チョココロネ:118円
メロンクリームコロネ:145円
チョコホイップのデニッシュコロネ:135円
(すべて税込)
[発売日]10月2日(火)

ファミリーマート=http://www.family.co.jp


このページの先頭へ