食事・レストラン

三井不動産、「三井ショッピングパーク ラゾーナ川崎プラザ」の食物販ゾーン「グラン・フード」を全面改装

2018.08.07 18:08 更新

 三井不動産は、「三井ショッピングパーク ラゾーナ川崎プラザ」(所在:川崎市幸区)の2012年以来2度目となる大規模リニューアルについて、「日本一のショッピングセンターを目指し“より快適で、くつろげる場所”へ」をコンセプトに、全店の3割以上にあたる計103店舗の新規・改装オープンや、駅前広場「ルーファ広場」に人工芝を敷設するなどハード面の改修を3月20日から順次実施してきた。

 今回、同リニューアルの最終段階として、食物販ゾーン「グラン・フード」の全面改装を実施し、全85店舗(新規30店舗)が11月29日にグランドオープンする。「グラン・フード」の全面リニューアルでは、「川崎・食ライフ」を豊かにするデイリー性と良質さを実現するため、魅力ある店舗ラインアップに加え、上質で利便性の高い空間を創出するという。

 これをもって、ラゾーナ川崎プラザの開業以来2度目となる大規模リニューアルは完了となるとのこと。なお、「グラン・フード」は全面リニューアルにともない、8月27日から一時休業する。

 大規模リニューアル最終章のポイントでは、新規出店30店舗のうち約6割が神奈川県、川崎エリア初出店となる。また、通路幅の均一化や回遊性の強化等、上質で利便性の高い空間を創出するハード面の改修を行った。フードコートやスーパーマーケットなど(これらの店舗は「グラン・フード」エリア外となり、オープン時期が異なる)も新規・改装オープンとなる。

 同リニューアルによって、ラゾーナ川崎プラザは「経年優化 」(時を更に経るにつれて成熟し、更に価値を高めていく)の思想のもと、日本一のショッピングセンターを目指して“より快適で、くつろげる場所”になるとのこと。今後もラゾーナ川崎プラザは進化し続けることで、街の発展に貢献していくとしている。

三井ショッピングパーク ラゾーナ川崎プラザ=https://mitsui-shopping-park.com/lazona-kawasaki/


このページの先頭へ