食事・レストラン

ファミリーマート、こだわりの塩と秘伝のタレが決め手の「炭火焼きとり」をリニューアル販売

2018.08.06 18:36 更新

 ファミリーマートは、昨年6月に発売したファミリーマートのカウンター商材“ファミ横商店街”の看板商品「炭火焼きとり」をリニューアルし、ファミリーマート・サークルK・サンクス約16500店(沖縄県除く)において販売する。また、リニューアルにあわせてお買い得セールを、8月7日から8月13日まで開催する。

 ファミリーマートの「炭火焼きとり」は、サークルK・サンクスの人気商品であった焼きとりのノウハウを活かしながら、“鶏肉の食感”や“タレの味わい”“塩の振り付け”などにさらなる改良を加え、ファミチキと並ぶ「ファミ横商店街」の看板商品として、好評を得ているという。昨年6月の販売開始からの累計販売本数は、2億本を超えた。

 炭火焼きとりの特徴は、“焼きとり屋さんのやきとり”の食感を再現。「焼きとり もも」(たれ・塩)は、チルド鶏もも肉を使用している。またすべての焼きとり商品でリン酸塩の使用をゼロにして、鶏肉本来の食感を最大限引き出した。タレのこだわりとしては、焼きとり屋さんの“秘伝のタレ”を再現している。

 リニューアルでは、“旨味が強い本醸造濃口醤油”に鶏ガラを醤油と煮込んだ“ガラ炊き醤油”を追加することで、鶏の旨味がたっぷりの焼きとり屋さんの“秘伝のタレ”のような味の醤油ダレを実現した。塩のこだわりとして、焼きとり屋さんの“振り塩焼きとり”の味わいを再現している。岩塩を使用したシーズニング(調味料)から、焼きとりには最適の「海水塩」で、一本一本丁寧に塩振りをすることで、焼きとり屋さんのような自然な塩味を再現した。「海水塩」には、長崎県五島灘の海水塩を使用し、ミネラル分を含んだバランスが良くシャープな塩味が特徴で、焼きとりには最適な塩となっている。

[小売価格]各128円(税込)
[発売日]8月7日(火)

ファミリーマート=http://www.family.co.jp


このページの先頭へ