食事・レストラン

セブン-イレブン、「愛知県産小麦粉使用 海老天おろしきしめん」を愛知・三重・岐阜県で発売

2018.08.06 18:27 更新

 セブン-イレブン・ジャパンは、愛知県産小麦「きぬあかり」を使用したきしめんの第2弾商品として、「愛知県産小麦粉使用 海老天おろしきしめん」を、愛知県、三重県、岐阜県のセブン-イレブン1402店(7月末現在)において8月7日から発売する。

 先に発売した「愛知県産小麦粉使用 ざるきしめん」の販売数量は、発売から2週間で10万食を超え、地域の人々から好評を得ているという。今回販売する商品は、盛夏に合わせ、さらにさっぱりと食べられるよう“ぶっかけ”タイプとし、具材には地域で好まれる海老天とおろしを組合わせた。

 セブン-イレブンでは、今後も継続的に愛知県産小麦粉を使用し、季節に合わせた商品を引き続き開発していくという。

 「愛知県産小麦粉使用 海老天おろしきしめん」は、愛知県産小麦「きぬあかり」を使用することで、つるみともっちり感のある麺を実現した。暑い季節にもさっぱりと食べられる“ぶっかけ”タイプとなっている。東海地区で人気の海老天とおろしを具材にし、さらに薬味として、相性の良い刻み海苔やネギ、鰹節をたっぷりと添付した。ぶっかけ専用に開発した冷たいつゆは、たまり醤油の使用量を増やすことで、おろしとの相性がより良い仕立てとなっている。パッケージには、「きぬあかり」を使用した製品のみに表示できるワンポイントシールを貼付している。

[小売価格]480円(税込)
[発売日]8月7日(火)

セブン-イレブン・ジャパン=http://www.sej.co.jp


このページの先頭へ