食事・レストラン

生活クラブ、夏休みの自由研究を応援する「ソーラークッカー体験イベント」を開催、太陽エネルギーだけで調理ができるソーラークッカーを子どもたちが体験学習

2018.07.24 18:35 更新

 生活クラブ事業連合生活協同組合連合会(以下、生活クラブ)は、子どもたちの夏休みの自由研究を応援する「ソーラークッカー体験イベント」(主催:北東京生活クラブ)を7月23日に開催した。今回のイベントでは、太陽エネルギーを使って調理する「ソーラークッカー」の仕組みや使い方、活用事例を学びながら、実際にポップコーンやカップケーキ、赤飯、温野菜などを調理する様子を観察した。また、最後にはソーラークッカーで作った料理を親子で試食し、太陽の光だけで料理ができることを実感していた。

 生活クラブでは、子どもたちに環境やエネルギーについて楽しみながら関心を持ってもらうため、自然エネルギーを使った体験イベントを定期的に開催している。今回の「ソーラークッカー体験イベント」もその一環として開催するもので、ソーラークッカーを通じて太陽エネルギーだけでどうやって調理ができるのかを体験しながら学ぶ、子どもたちの夏休みの自由研究にピッタリの内容となっている。

 


 イベントでは、まず屋上に出て、調理する食材を様々な種類のソーラークッカーにセッティング。パラボラ型のソーラークッカーにはポップコーンや赤飯、ひじきの煮物をセット、熱箱型のソーラークッカーにはカップケーキをセットした他、パネル型ではゆで卵、真空管パネル型では小松菜とじゃがいもの温野菜の調理を行った。

 ソーラークッカーの概要や仕組みについて、環境まちづくりNPO法人元気力発電所の松浦敦子氏が説明してくれた。「ソーラークッカーは、太陽の光だけで調理する道具で、省エネルギーであることに加え、災害時に電気やガスが止まっても調理することができる。また、海外では調理の燃料に薪を使っている地域があるが、ソーラークッカーを使うことで、伐採による砂漠化や森林破壊を防止できるとともに、煙が原因の病気や煮沸しない水による疫病から守ることができる」と、ソーラークッカーを使うメリットを紹介。「ソーラークッカーでは、『放射(ふく射)』、『伝道』、『対流』の3つの熱の伝わり方をうまく利用し、コントロールすることで調理を行っている。『放射(ふく射)』は、太陽の光が反射板や集光板によって増強されて鍋に当たり、熱に代わる。『伝道』は、鍋の上部やふたに当たった光が熱に代わり、鍋を伝わって食材に届く。『対流』では、あたためられた水や空気が上方へ移動する流れによって、鍋の中全体があたたまる」と、太陽の光で調理ができる原理について教えてくれた。

 


 「ソーラークッカーには、パラボラ型、熱箱型、パネル型などの種類があり、調理する食材によって使い分けている。パラボラ型は、凹面鏡を利用して調理を行うもので、焦点に鍋を置くことで、短時間で高温を得ることができる。熱箱型は、断熱性の箱の中に鍋を置き、反射鏡を使って透明窓を通過する光のエネルギーの密度を高めて調理する。パネル型は、制作・組み立てが容易なパネル状の反射材を使用して集光する。構造が簡単なので、手軽に自作することができ、携帯にも適している」と、ソーラークッカーの種類と特長について解説。

 


 「これらのソーラークッカーを使うことで、ケーキやポップコーンなどのお菓子から、炊飯、煮物まで、ほとんどの料理を作ることができる。実際の利用例としては、省エネ機材として日常的に使われている他、ネパールの難民キャンプや途上国支援、環境教育や理科学習教材、災害対策などに活用されている」と、幅広い用途で利用されているのだと話していた。

 


 そして、ソーラークッカーの調理の経過を確認するため、再び屋上に出た子どもたち。ソーラークッカーにセットした鍋の温度を計りながら、ポップコーンが弾ける様子や、煮物が煮立っている様子、赤飯が炊きあがる様子などを観察し、太陽の光だけで本当に調理ができてしまうことに驚いていた。また、調理が完了するまでの間には、太陽の光に関する絵本の読み聞かせや、自然エネルギーに関するアニメ鑑賞を行い、環境保全や自然エネルギーの大切さを学んでいた。

 最後は、ソーラークッカーで作った料理を親子一緒に試食。太陽エネルギーで調理した赤飯や温野菜、ポップコーン、カップケーキを味わい、満面の笑顔を見せていた。あわせて、夏休みの自由研究の参考にしてもらうべく、今回のソーラークッカー調理における記録データも公開。パラボラ型に設置した鍋の温度は80~90℃、熱箱型のオーブンの温度は150℃に達していた。調理時間は、ポップコーンが10分、カップケーキが40分、赤飯が35分、小松菜の温野菜が30分、ひじきの煮物が50分となった。【PR】

生活クラブ=http://www.seikatsuclub.coop/


このページの先頭へ