食事・レストラン

ローソン、「緑のまぜまぜサラダ」と「赤のまぜまぜサラダ」を発売

2018.05.17 20:11 更新

 ローソンは、5月22日から、全国のローソン店舗(1万3356店:4月末時点、「ローソンストア100」除く)で、“野菜の彩りと見た目の楽しさ”をコンセプトに、まぜて食べるカラフルなサラダ「緑のまぜまぜサラダ」「赤のまぜまぜサラダ」を発売する。

 「緑のまぜまぜサラダ」は、枝豆、レタス、ブロッコリー、グリーンリーフと4種類の緑の野菜に、プチプチとした食感が特長のもち麦、ささみの蒸し鶏を加え6品目を使用したカラフルなサラダとなっている。青汁飲料などに使用されるケール粉末を加えたシーザードレッシングを添付している。

 「赤のまぜまぜサラダ」は、五穀、紫キャベツ、にんじん、氷温熟成豚のベーコン、レッドキドニー(赤いんげん豆)、紫玉ねぎの6品目を使用したカラフルなサラダとのこと。「ビーツ」と「こいくれない(リコピン含有量の多い人参の種類)」ペーストを使った鮮やかな赤いドレッシングを添付している。

 今回発売する商品は、彩り良く野菜を層にした見た目が鮮やかで野菜もしっかりととれるサラダとなっている。縦型カップで持ちやすく、オフィスのデスクや狭いところでも食べやすいようにした。

 女性を中心に「美しく健康で快適な」ライフスタイルを身近でサポートするナチュラルローソンでもカラフルな具材の層を見せたサンドイッチやスイーツ、サラダ等の商品が続々と登場し人気を集めているという。

 近年の健康志向の高まりを背景に、世帯でのサラダへの支出額は7年間連続で増加(2016年度までの調査結果 資料:総務省「家計調査 家計収支編」(二人以上世帯))しており、ヘルシーな野菜をたっぷり食べたいというニーズは、年々高まっているという。ローソンはこれからも、「マチの健康ステーション」として“積極的に野菜を摂取する”健康志向商品を提案していく考え。

[小売価格]
緑のまぜまぜサラダ:330円
赤のまぜまぜサラダ:330円
(すべて税込)
[発売日]5月22日(火)

ローソン=http://www.lawson.co.jp


このページの先頭へ