食事・レストラン

セブン&アイHD、最上級ブランド「セブンプレミアム ゴールド」の主要4商品をリニューアル、原材料や製法を刷新してひと工夫を加えることで専門店のような品質を実現

2018.05.08 18:57 更新

 セブン&アイ・ホールディングス(以下、セブン&アイHD)は、5月8日から、全国のセブン-イレブンやイトーヨーカドーなどセブン&アイグループ各店(4月末現在約2万800店舗)(店舗によって取扱いがない場合がある)において、「最上級のブランド」として展開している「セブンプレミアム ゴールド」シリーズの主力商品4アイテムをリニューアルし、順次発売する。5月2日に行われた発表会では、リニューアル商品について詳しく説明した他、「セブンプレミアム ゴールド 金の直火焼ハンバーグ」の新旧食べ比べができる試食会も行われた。

 「『セブンプレミアム ゴールド』は、2010年9月に4アイテムを発売。わたしや家族にご褒美をコンセプトに最上級ブランドとして展開してきた。消費者からは、本格的なのに調理が簡単でリーズナブルと好評を得ている」と、セブンーイレブン・ジャパン 商品本部 FF・惣菜部 デリカテッセンの羽石奈緒シニアマーチャンダイザーが挨拶。「当社では、2万店舗を超える加盟店に対し、1品1品の『商品の質』の向上と、1店1店の『サービスの質』の向上に努めている」と、商品とサービスのクオリティアップを図るべく、日々課題解決に取り組んでいるのだと訴える。「この商品とサービスの質をアップするべく、2010年に最上級ブランドとして立ち上げたのが『セブンプレミアム ゴールド』。このシリーズの商品は、上質な原料を、こだわりの技術で仕上げた、圧倒的な差別化の象徴として上市した」と、「セブンプレミアム ゴールド」が誕生した経緯を説明する。

 「『セブンプレミアム ゴールド』で展開するハンバーグについては、ブラックアンガス牛を原料に使用。パン粉などもすべて自社製造のものを使っている。さらに、肉に余計な熱を加えない設備も完備。挽きすぎず肉の旨みを閉じ込めるべく、傷みやすいパティを素早く調理することで、鮮度にもこだわった」と、素材の力を活かし、調理鮮度を大切にする製法で圧倒的な差別化を図っているのだという。「また、脂の多い部位は、チルド温度帯で押し出すので粒感が残る。一方、赤身の部位は包丁で切るような処理方法を採用。このように部位に合わせた挽き方で肉粒感を向上させている。さらに、肉の鮮度を保つため、パティの品温管理を徹底させている他、挽き立ての肉をすぐに使用している」と、原料加工から焼成まで、1時間以内で行っていると教えてくれた。

 「『セブンプレミアム ゴールド』で展開するカレーについては、ビーフカレーを謳うにふさわしい大きさの牛肉を使用。炒め玉ねぎの自然な甘さを引き出すべく、玉ねぎの処理にもこだわっている。また、専用の設備でじっくり丁寧に煮込むことで、ルーとスープをなじませている」とのこと。「牛肉については、煮込む前に焼くことで旨味を閉じ込めるひと工夫も施している。一方、ルーのベースについては、自然な甘さを引き出すべくソテーオニオンを増量した」と、美味しさを引き出す独自の製法で従来品との差別化を図っているのだと解説していた。

 「『セブンプレミアム ゴールド』で展開する食パンについては、小麦、バターの風味を最大限に引き出すべく、特等粉のみを使用。低温長時間発酵を行うことで食感を向上させている」と、雑味のないすっきりとした味わいで、もっちり食感と甘みが増す独自の製法によって、何度でも食べたくなる金の食パンを実現したのだと力説していた。

 「今回リニューアルする『セブンプレミアム ゴールド』は4アイテム。5月8日から『セブンプレミアム ゴールド 金の食パン厚切り2枚』と『セブンプレミアム ゴールド 金の直火焼ハンバーグ』を発売する。また、5月15日に『セブンプレミアム ゴールド 金のビーフシチュー』を、5月29日に『セブンプレミアム ゴールド 金のビーフカレー』を発売する」と、段階的に商品を刷新していくとのこと。

 「nanacoを使って購入した消費者の購買行動を見てみると、『金の直火焼ハンバーグ』や『金のビーフカレー』、『金のビーフシチュー』は、まとめ買いの比率が高いアイテムとなっている。また、これらの3アイテムは、併売比率も高いため、家族分購入したり、買い置きニーズが高いのではないかと推察している。このため、リニューアルを機に、まとめ買いおよびリピート客のアップにつなげていく」と、「セブンプレミアム ゴールド」シリーズで消費者の食卓を豊かにしていきたいと意気込んだ。

 「セブンプレミアム ゴールド 金の直火焼ハンバーグ」は、パティに使用する牛肉は部位ごとにカットの仕方を変更。脂の多い部分は細かくミンチにし、赤身の部分は丁寧にそぎ切りすることで、よりジューシーで、肉の食感が感じられる仕立てとなっている。デミグラスソースは黒トリュフを使用することで、よりコクが感じられる味わいとなった。牛肉は黒毛牛肉(アンガス種)を使用している。

 「セブンプレミアム ゴールド 金のビーフシチュー」は、牛肉を赤ワインで漬け込み煮ることで、より柔らかい食感に仕上げた。香味野菜、牛骨などの原料を煮込み、3日間かけて仕込んだデミグラスソースが特長となっている。牛肉は黒毛牛肉(アンガス種)を使用している。

 「セブンプレミアム ゴールド 金のビーフカレー」は、煮込む前に牛肉を焼く工程を追加することで、旨みがしっかりと閉じ込められ、牛肉本来の味わいを実現した。時間をかけ、玉ねぎをじっくりと炒めることで玉ねぎの甘みが感じられるルーに仕立てたという。牛肉は黒毛牛肉(アンガス種)を使用している。

 「セブンプレミアム ゴールド 金の食パン 厚切り 2枚入/5枚入」は、原料へのこだわりにさらに踏み込み、小麦粉は特等粉のみを使用。素材本来の風味と旨味を引き出した食パンとなっている。また、砂糖の原料となる「粗糖」を使用することによって、食べ飽きない甘さを実現した。また、従来からのこだわりである「低温長時間発酵」に加え、今回から「湯種」を投入することで、“もっちり”とした食感に仕上がった。

[小売価格]
セブンプレミアム ゴールド 金の直火焼ハンバーグ:386円
セブンプレミアム ゴールド 金のビーフシチュー:386円
セブンプレミアム ゴールド 金のビーフカレー:386円
セブンプレミアム ゴールド 金の食パン 厚切り
 2枚入:127円
 5枚入:248円
(すべて税込)
[発売日]
セブンプレミアム ゴールド 金の直火焼ハンバーグ:5月8日(火)
セブンプレミアム ゴールド 金のビーフシチュー:5月15日(火)
セブンプレミアム ゴールド 金のビーフカレー:5月29日(火)
セブンプレミアム ゴールド 金の食パン 厚切り:5月8日(火)

セブン&アイ ホールディングス=http://www.7andi.com


このページの先頭へ