食事・レストラン

明治、たんぱく質を手軽に摂れる「明治THE GREEK YOGURT」を発売、スピードスケートの高木美帆選手が魅力を紹介、日本栄養士会による「栄養の日・栄養週間 2018」の取組発表も

2018.04.12 20:23 更新

 明治は、栄養とおいしさが凝縮されたヨーグルト「明治THE GREEK YOGURT」を4月10日から全国で発売する。これにあわせて、4月9日には、公益社団法人日本栄養士会による2018年度「栄養の日・栄養週間」に向けた取組発表会および、「明治THE GREEK YOGURT」新商品発表会が行われた。当日は、日本栄養士会が取り組んでいる「栄養の日・栄養週間」の今年度の取り組みについて紹介した他、新商品発表会では、平昌冬季五輪で金メダルを獲得したスピードスケートの高木美帆選手と、お笑いコンビ スピードワゴンの小沢一敬さんが登場し、「明治THE GREEK YOGURT」を試食してその魅力を伝えてくれた。

 2018年度「栄養の日・栄養週間」に向けた取組発表会では、まず、日本栄養士会の小松龍史会長が挨拶。「日本栄養士会は、栄養と食の専門職である管理栄養士と栄養士で組織された職能団体となっている。食の営みの喜びのなかで、自己実現を求め、健やかによりよく生きるという人々の願いに応えることを目的に、都道府県栄養士会と連携して様々な事業を行っている」と、日本栄養士会の概要について紹介。「昨年度から、8月4日を『栄養の日』、8月1日~7日を『栄養週間』と制定し、栄養への理解を深める活動に取り組んできた。今年度は、『たのしく食べる、カラダよろこぶ』をテーマに、栄養障害の二重負荷を解決するべく、各種施策を実施していく」と、現代日本の栄養問題となっている栄養障害の二重負荷の解決を目指して取り組んでいく考えを示した。

 次に、日本栄養士会の迫和子専務理事と木戸康博常任理事、早稲田大学ナノ・ライフ創新研究機構/日本DOHaD学会の福岡秀興氏が登壇し、「栄養障害の二重負荷」に関するトークセッションが行われた。迫専務理事は、「栄養障害の二重負荷とは、過剰栄養と低栄養が混在している状態を指す。過剰栄養は、エネルギーや糖質などの過剰状態のことで、肥満や生活習慣病を引き起こす原因となる。一方、低栄養は、エネルギーやたんぱく質の不足状態であり、虚弱による筋力の低下や免疫力の低下を引き起こす」と、栄養障害の二重負荷とはどのような状態なのかを解説。「これまで過剰栄養については、様々な対策がとられてきたが、低栄養については対策がとられていないのが現状だ。とくに近年では、若い女性のやせや、妊産婦の低栄養によるリスクが指摘されている」と、低栄養への具体的な対策が必要であると訴える。

 福岡氏は、「日本では、若い女性のやせや妊産婦の低栄養によって、年々、低出生体重児を出産する割合が増加している。その中で、出生体重が低いほど、様々な生活習慣病にかかるリスクが高くなることが世界的にわかってきており、『DOHaD説』として医学界の主流になりつつある」と、若い女性のやせ・低栄養は子どもの出生体重低下を招き、これが生活習慣病のリスクにつながるという負の連鎖が世界的な問題になっていると指摘する。「『DOHaD説』では、低出生体重児の生活習慣病リスクは、世代を超えて伝達するとされている。このままだと50年後の日本は、生活習慣病の患者が増え続け、医療費が莫大な額になり、医療制度そのものが破綻することが危惧されている。そうならないためにも、我々の世代で、若い女性のやせ・低栄養を食い止める必要がある」と、若い女性の低栄養問題は、日本の将来をも危うくする可能性があると警鐘を鳴らしていた。

 これを受けて、木戸常任理事は、「エネルギー摂取量が低い状態の人は、たんぱく質をいつもより多くとらないと低栄養になってしまう。低栄養になると、筋肉量が減り、内臓たんぱく質や血漿たんぱく質が減少していき、悪化すると免疫能の障害や臓器障害を引き起こすことになる」と、低栄養とたんぱく質の関係性について言及。「若い女性の低栄養を改善するためには、なぜ食べなければいけないのかをしっかり教育する必要がある。そして、普段の食事から、たんぱく質の割合の多い食品・食材を積極的にとるように心がけてほしい」と、若い女性の低栄養問題に対する、たんぱく質の重要性を説いた。

 「こうした中、今年の『栄養の日・栄養週間』では、7月2日から8月31日までの期間中、全国20万人を対象に『栄養ワンダー2018』を開催。管理栄養士・栄養士が、全国約1350ヵ所(予定)で、栄養に関するイベントを実施する。また、7月29日には、『平成30年度全国栄養士大会』と併催し、糖尿病をテーマに市民公開講座を開催する。さらに、『栄養の日・栄養週間』のスペシャルWEBサイトを開設する他、7月28日には、管理栄養士・栄養士に贈る賞『84 Selection(栄養セレクション)』を発表する」と、迫専務理事が、「栄養の日・栄養週間 2018」で展開する主なイベント・コンテンツを紹介してくれた。

 そして、「栄養の日・栄養週間 2018」の特別協賛企業を代表して、明治の伊藤裕之取締役常務執行役員が挨拶。「今回の『栄養の日・栄養週間 2018』への特別協賛は、当社が扱う重点素材の乳の基本価値であるたんぱく質の重要性を多くの人々に知ってもらい、より充実した食生活をサポートしていく取り組みの一環となる」と、「栄養の日・栄養週間」に協賛する背景について説明。「現在、たんぱく質の摂取量は戦後水準にまで低下しており、その摂取不足が大きな問題となっている。そこで、当社では、乳に含まれる良質なたんぱく質である乳たんぱく質に着目し、その価値の啓蒙に取り組んでいる。乳たんぱく質には、必須アミノ酸がバランスよく含まれ、とくに筋肉中に多いアミノ酸が多量に含まれているため、筋肉合成の促進と筋肉分解の抑制が期待できる。この乳たんぱく質によって、日本のたんぱく質摂取不足の解消に貢献できると確信している」と、乳たんぱく質の機能性をアピールした。

 続いて行われた「明治THE GREEK YOGURT」新商品発表会では、明治の川村和夫社長が新商品の発売背景や商品概要について紹介した。「ヨーグルトは、健康とおいしさという価値が消費者から評価され、長年にわたり安定的な成長を続けている。今後、消費者の健康意識はさらに高まることが想定され、ヨーグルト市場はさらなる拡大が期待されている」と、ヨーグルト市場は拡大基調にあると説明する。「こうした中、当社の主力商品である『明治ブルガリアヨーグルト』は、ヨーグルトの価値だけでなく、ブルガリアの歴史や文化も伝えていくことで、日本において“ヨーグルトといえばブルガリア”という世界観を作り上げたと自負している」と、日本のヨーグルト市場をけん引してきたのだと胸を張る。

 「一方で、今、世界的なブームになっているのがギリシャヨーグルトだ。今回の『明治THE GREEK YOGURT』は、当社が満を持して発売するギリシャヨーグルトの新商品となる。『明治ブルガリアヨーグルト』と同様に、商品だけでなくギリシャの魅力ある文化や歴史を伝えていくことで、ヨーグルトのもう一つの正統として日本市場に定着させていきたい」と、ギリシャヨーグルトの日本での認知度をさらに浸透させていくと意気込む。「『明治THE GREEK YOGURT』は、ギリシャヨーグルトの濃密なおいしさと健康価値に加えて、脂肪0で、たんぱく質を豊富に含んでいる点が特長となっている。現代人に不足しがちなたんぱく質をおいしく手軽に摂取できる同品を提案することで、人々の健康的な食生活をサポートしていきたい」と、「明治THE GREEK YOGURT」を、たんぱく質不足解消に最適な商品として提案していくと述べた。

 そして今回、「明治THE GREEK YOGURT」がギリシャ共和国大使館公認商品に認定されたことを受け、駐日ギリシャ共和国特命全権大使のルカス・カラツォリス氏から川村社長に、「ギリシャヨーグルト認定証」が授与された。

 ここで、「明治THE GREEK YOGURT」の魅力を伝えてもらうべく、平昌冬季五輪で金・銀・銅メダルを獲得したスピードスケートの高木美帆選手と、お笑いコンビ スピードワゴンの小沢一敬さんがゲストとして登場。高木選手は、「たんぱく質は、体作りのために重要な栄養素なので、積極的に摂るようにしている。なるべく食事から摂るようにしているが、時間が空いてしまうときはプロテインなどを活用している」と、たんぱく質を豊富に摂ることで、世界と戦える体づくりを行っているとのこと。「平昌冬季五輪の期間中も、ギリシャヨーグルトなどの乳製品を多くとるように心がけた。ギリシャヨーグルトは、世界各地でよく目にするので、私にとってはとても馴染みのある商品になっている」と、ギリシャヨーグルトは海外ではスタンダードなヨーグルトになっていると教えてくれた。

 そこで、ギリシャヨーグルトをよく知る高木選手に、「明治THE GREEK YOGURT」の3つのフレーバー「プレーン」「砂糖0」「5つの果実」を試食してもらった。「すごく濃密でおいしい。シンプルな味わいの『プレーン』は、毎日でも飽きずに食べられる気がする。『砂糖0』は、『プレーン』よりも甘さがあって砂糖0とは思えない仕上がりになっている。『5つの果実』は、フルーツソースがかかっていてトロピカルな味わいが楽しめる」と、どのフレーバーも金メダル級のおいしさであると太鼓判を押してくれた。

 小沢さんにも「明治THE GREEK YOGURT」を試食してもらうと、「本当に濃密な味わいで、栄養とおいしさがギュッと凝縮されている感じがする。高木選手とも『明治THE GREEK YOGURT』のような濃密な時間を過ごしてみたい」と、小沢さんならではの独特な言い回しでそのおいしさを表現した。そして、「高木選手は、金メダルのレースも素晴らしかったが、コメント力もあって驚いた。金メダルよりもまぶしいものが存在することを、いま初めて知った」と語る小沢さん。すると高木選手は、「あま~い」と、照れながらもスピードワゴンの定番ギャグで返してくれた。最後に高木選手は、「『明治THE GREEK YOGURT』は、たんぱく質を手軽に摂れるヨーグルトなので、毎日の食事に取り入れて、よりよい食生活を目指してほしい」と、「明治THE GREEK YOGURT」を活用してたんぱく質不足にならない食生活を送ってほしいと話していた。

[小売価格]140円(税別)
[発売日]4月10日(火) 

明治=http://www.meiji.co.jp/
明治THE GREEK YOGURTブランドサイト=http://www.meiji.co.jp/dairies/yogurt/meiji-thegreekyogurt/


このページの先頭へ