食事・レストラン

日清食品冷凍、こだわりの柚子皮入り鶏だんご付き「冷凍 日清推し麺! 麺屋一燈 濃厚魚介つけ麺」を発売

2018.04.16 20:18 更新

 日清食品冷凍は、こだわりの柚子皮入り鶏だんご付き「冷凍 日清推し麺! 麺屋一燈 濃厚魚介つけ麺」を5月1日から発売する。

 冷凍の具付き中華麺は、お店で食べるような本格的なおいしさが家庭で手軽に味わえることから、主婦層を中心に多くの消費者から好評を得ている。その中でも、有名店ならではのおいしさを同社の独自技術を駆使して追求した「日清推し麺!」シリーズは、高い人気を集めている。今回発売する第三弾「冷凍 日清推し麺! 麺屋一燈 濃厚魚介つけ麺」は、東京の新小岩にある名店「麺屋一燈(東京の新小岩で2010年6月に誕生したラーメン店。数々の賞を受賞した、行列の絶えない名店)」の代表メニュー「濃厚魚介つけ麺」を再現した商品とのこと。

 デュラム小麦と小麦ブランを練り込み、特許技術「氷冠製法(麺に氷とくぼみをつけることで、電子レンジ調理時に麺がむらなく調理でき、麺のコシや小麦の風味を引き立たせることができる同社の特許技術)」を使用した極太ストレート麺は、もちもちとした弾力のある食感で、たっぷり300gと食べ応えも十分となっている。数種の鶏がらをブレンドし、香り高い魚介のうまみを合わせた濃厚なつけだれには、隠し味のマヨネーズがまろやかさと酸味を加える。特製鶏だんごは、柚子皮の清涼感とヤゲン軟骨を入れたカリコリとした食感が特長となっている。

 「めん」「たれ」「具材」と、お店の味にとことんこだわった一品を試してほしい考え。

[小売価格]オープン価格
[発売日]5月1日(木)

日清食品冷凍=https://www.nissin.com/jp/


このページの先頭へ