食事・レストラン

ファミリーマート、ファミマの冷しうどんを刷新し「冷しぶっかけうどん」など2種類を発売

2018.04.17 10:22 更新

 ファミリーマートは、気温の上昇に伴い冷たい麺のニーズが高まる時期に合わせ、ファミマの冷しうどんを刷新し、「冷しぶっかけうどん」など2種類を、4月17日から全国のファミリーマート、サークルK、サンクス約1万7200店で発売する。さらに、全国を4つのエリアに分け、各地域でおなじみの味付けや具材を使用した、ご当地別の商品も展開する(沖縄県を除く)。

 今回刷新する冷しうどんでは、おいしさの追求だけでなく、麺の太さを従来に比べて太くしたり、麺の量をアップさせるなど、食べごたえも重視し改良した。コシのある太麺の食感と、新たにだしに使用した北海道産真昆布のすっきりとした甘さが絶妙で、気温が上昇してくる時期に食べやすく仕上げた。また、愛知県のきしめんや、福岡県のごぼう天うどんなど、各地域の嗜好に沿った商品も発売し、より地域に密着した商品展開を行っていく。

 「冷しぶっかけうどん」は、北海道産小麦を使用した麺には、これまでよりも小麦粉の配合割合を増やすことで、おいしさを向上させた。さらに従来に比べ麺を太くし、さらに麺の量をこれまでよりも約10%多く盛り付けることで、食べ応え抜群に仕上げている。つゆのだしには、上品な甘さが特徴の北海道産真昆布を新たに加えた(宮崎県、鹿児島県、沖縄県除く)。

 「冷し鶏天おろしうどん」は、ゴロッとした鶏天を乗せた、1食で満足してもらえる食べごたえのある商品とのこと。大根おろし、かまぼこ、青ネギをトッピングし、さっぱりとした味付けに仕上げた(北海道、沖縄県除く)。

 北海道・東北・関東・北陸地方限定「冷したぬきうどん」は、ゆでたまご、揚げ玉、キュウリ、わかめ、白ネギを盛り付けたうどん。濃口醤油とうるめ、鰹節、昆布、さば節のだしを合わせた少し濃いめのつゆと、太めの麺、サクサクとした食感の揚げ玉がよく合う。

 中部地方限定「冷しきしめん」は、中部地方でおなじみの、平たい形状のきしめんに、油揚げ、かつお節、かまぼこ、青ネギ、刻み海苔を盛り付けた。つゆは、むろあじ節、さば節、かつお節のだしに、たまり醤油を合わせている。

 関西・中国・四国地方限定「冷し肉ぶっかけうどん」は、牛肉と玉ねぎのタレ和え、天かす、青ネギ、生姜を盛り付けました。甘めの牛肉とほのかな生姜の香りが食欲をそそる。つゆは、濃口醤油に宗田かつお節、うるめいわし節、昆布のだしを合わせた。

 九州地方限定「冷し肉ごぼう天うどん」は、福岡県を中心に人気のある、ごぼう天を乗せたうどんとのこと。牛肉を玉ネギと甘く煮て盛りつけ、本醸造うすくち醤油にかつお節、さば節、にぼしなどを合わせたつゆと合わせた。

[小売価格]
冷しぶっかけうどん:380円
冷し鶏天おろしうどん:498円
冷したぬきうどん:430円
冷しきしめん:380円
冷し肉ぶっかけうどん:498円
冷し肉ごぼう天うどん:430円
(すべて税込)
[発売日]4月17日(火)

ファミリーマート=http://www.family.co.jp


このページの先頭へ