食事・レストラン

イオン、野菜たっぷり具だくさんの「トップバリュ 9品目のサラダ冷し中華 胡麻」を発売

2018.04.16 18:34 更新

 イオンは、4月18日から、全国のグループ最大2900店舗において「トップバリュ9品目のサラダ冷し中華 胡麻」を発売する。「野菜をしっかり摂りたい」、「コシがあって喉ごしのいい麺を食べたい」といった消費者の“健康志向”と“本格志向”の声を受け、野菜たっぷりで具だくさん、強いコシとなめらかな食感の麺を使ったサラダ冷し中華をつくった。

 麺はきめ細かさが特徴の北海道産小麦「きたほなみ」を100%使用した小麦粉を使い、3層麺(「三層麺」は内層用麺帯(弾力・硬さ)を2枚の外層麺帯(ソフト・粘り)を挟んで複合圧延して3層麺帯を製造し、それを切り出した麺)にすることにより外はツルッとしたなめらか感、中は粘りとコシのある中華麺に仕上げた。

 タレは、サラダ(野菜)と蒸し鶏にベストマッチするように2種の練り胡麻をブレンドし、リンゴ酢を使用しすっきりとした酸味に仕上げている。具材は6種の野菜「人参」「グリーンリーフ」「トマト」「水菜」「紫キャベツ」「ブロッコリー」と3種の具材「蒸し鶏」「コーン」「レッドキドニー」の合計9品目使用している。

 女性の人が食べやすいように、麺の重量を減らす代わりに、野菜の重量を増やし、糖質も抑えた。その他の麺(ざるそば・ぶっかけうどんなど)もグループで仕様(麺・具材・包材など)を統一し、品質を向上させたことで、よりおいしい商品に生まれ変わった。

[小売価格]
トップバリュ 9品目のサラダ冷し中華 胡麻:429円
トップバリュ 9品目のサラダ冷し中華ミニ 胡麻:321円
(すべて税込)
[発売日]4月18日(水)

イオン=http://www.aeon.info


このページの先頭へ