食事・レストラン

天丼てんや、季節限定メニューの「桜海老天丼」と肉天丼シリーズ「チャーシュー(三兄弟)天丼」を販売

2018.03.14 20:19 更新

 天丼てんやは、3月20日から季節限定メニューの「桜海老天丼」と、肉天丼シリーズから映画「曇天に笑う」とのコラボレーション商品、あっぱれ 天曇に笑う「チャーシュー(三兄弟)天丼」を販売する。

 「桜海老天丼」は、「駿河湾の宝石」と呼ばれる駿河湾産・由比港水揚げの「桜海老」を、水揚げから24時間以内に冷凍し、その旨みを引き立てる「葉大根」と組み合わせ、かき揚げにした。桜海老と葉大根のみの組み合わせは、天丼てんや初の試みとのこと。さらに「海老」「大イカ」「穂先竹の子」「焼き海苔天」「いんげん」と、さまざまなバリエーションの天ぷらもあわせて楽しめる。

 あっぱれ 天曇に笑う「チャーシュー(三兄弟)天丼」は、3月21日公開の映画「曇天に笑う」とのコラボレーションによって誕生した一品。注目は、天丼てんや初登場の「チャーシュー天」。「曇天に笑う」の主人公・曇(くもう)三兄弟をイメージし、スペイン産豚肉を使用したチャーシュー天を3枚組み合わせた。さらに、長男・曇天火(くもうてんか)の武器である真っ赤な扇子をイメージした「紅しょうがのかき揚げ」、曇天が晴れてゆくさまをイメージした初登場「目玉焼き風天ぷら」を楽しめる。仕上げにはこちらも初登場の「コク甘醤油だれ」を使用。三温糖とたまり醤油のコクに味噌・生姜を隠し味で加え、飽きのこない味に仕上げたたれが素材によく合い、ご飯もすすむ。

 天丼てんやは、これからも常に消費者に満足してもらえるよう、おいしく、かつ安全・安心なメニューを季節に合わせて提供していく考え。

[販売概要]
販売期間:3月20日(火)~4月25日(水)(予定)
販売時間:各店舗の営業時間内 ※営業時間は店舗により異なる
販売店舗:下記店舗を除く国内の天丼てんや 全店舗
 「桜海老天丼」:東京競馬場店・海ほたるPA店・上里SA店・刈谷ハイウェイオアシス近鉄パークハウス店を除く
 「チャーシュー(三兄弟)天丼」:東京競馬場店・海ほたるPA店・上里SA店・羽田空港第1ビル店・羽田空港第2ビル店・刈谷ハイウェイオアシス近鉄パークハウス店を除く「

天丼てんや=http://www.tenya.co.jp


このページの先頭へ