食事・レストラン

天丼てんや、早春を彩る季節限定メニュー「早春天丼」と「華味鳥天丼」を発売

2018.01.09 18:35 更新

 天丼てんやは、1月11日から、季節限定メニューとして、「早春天丼」と、「華味鳥天丼」を販売する。

 「早春天丼」は、「夢かさご」や、「子持ち白魚」と「ゆり根」のかき揚げなどを盛り合わせた一品となっている。夢かさごは、寒い時期から春にかけて脂がのり、おいしく食べられる白身魚だとか。美しく鮮やかな赤色の尾が丼に華を添える。初春の到来を告げる白魚と和の食材・ゆり根を使ったかき揚げは、子持ち白魚ならではのプチプチとした卵の食感と、淡白で上品な身のバランス、ゆり根のやさしい甘さとホクホク感が魅力となっている。

 肉天丼シリーズには、九州生まれ・九州育ちの銘柄鶏である「華味鳥」を使った贅沢な「華味鳥天丼」が登場する。「華味鳥」は、澄んだ空気に包まれた陽光のたっぷり降り注ぐ鶏舎で、海藻・ハーブなどのエキスを加えた専用飼料で大切に育てられる。「華味鳥」を使用したとり天とつくね、れんこんといんげんを盛り合わせた同品は、「華味鳥」のしっかりした旨味と弾力ある食感を楽しむことができる。

 天丼てんやは、これからも常に消費者に満足してもらえるよう、おいしく、かつ安全・安心なメニューを季節に合わせて提供していく考え。

[発売日]1 月11日(木)

天丼てんや=http://www.tenya.co.jp


このページの先頭へ