食事・レストラン

かっぱ寿司、生キングサーモンが目玉の「かっぱのサーモンづくし」全16品を展開、お笑いコンビのとろサーモンが生キングサーモンのおいしさを漫才で表現

2018.01.10 17:36 更新

 コロワイドグループのかっぱ寿司(カッパクリエイト)は、生キングサーモンを目玉商品とした全16品からなる期間限定フェア「かっぱのサーモンづくし」を、1月10日からスタートする。同日行われた発売イベントでは、M-1グランプリ2017王者のお笑いコンビとろサーモンをゲストに迎え、かっぱ寿司の生キングサーモンの魅力を漫才で表現した。

 「かっぱのサーモンづくし」フェアでは、「生キングサーモン」を中心とした計16品のメニューを販売。ツルっとした舌触りと脂のりが特徴の「生キングサーモン」は、鮮度にこだわり“生”の状態で提供するという。

  


 そして、脂のりがとくに良い腹部分だけを使用した「生とろキングサーモン」は一日数量限定とのこと。とろけるおいしさを楽しめるという。そのほか、かっぱ寿司史上最大の「ドデカ!メガほたて」や、人気の肉シリーズの新商品「ローストポーク」など、サーモン以外にも今だけの特別商品をふんだんに用意している。

  


 この「かっぱのサーモンづくし」フェアを盛り上げるべく、フェア名にちなみ、お笑いコンビのとろサーモンをゲストに迎えて、「生キングサーモン」の魅力などについて紹介するイベントを開催した。漫才王者を決めるM-1グランプリ2017において、見事優勝したとろサーモンの2人は、「このコンビ名にしてよかった」と笑顔で登場。早速二人には、「かっぱのサーモンづくし」フェアのTV-CMを見てもらったところ、「良いCMだとは思うが、自分たちが出演していないので、今度は出させてもらえるように頑張りたい」と、かっぱ寿司のCMに出演するという新たな夢を目指して、今年も頑張りたいと語っていた。

 今回のイベントのゲストにとろサーモンが呼ばれた背景には、コンビ名が「かっぱのサーモンづくし」フェアにぴったりだからであることは周知の事実。そこで、なぜとろサーモンというコンビ名にしたのか聞くと、「明石家さんまさんなど、魚の名前の芸人は売れているので、僕らもその流れにあやかりたいと思った」と、魚の名前が入った芸名は売れるというジンクスからコンビ名がとろサーモンに決まったのだと教えてくれた。

 そして、とろサーモンが、フェアを盛り上げるべく、「かっぱのサーモンづくし」フェアにちなんだネタを披露。その労をねぎらう形で、カッパクリエイト マーケティング部の牛尾好智部長から「生キングサーモン」が二人に振舞われた。食べた感想を問われたとろサーモンは、「脂がのっていてとてもおいしい」と大絶賛。牛尾部長は、「そのおいしさをぜひラップで表現してほしい」と、とろサーモンの久保田さんが得意としているラップを披露してほしいとリクエストすると、二つ返事でOK。

 


 とろサーモンの村田さんがボイスパーカッションを担当し、久保田さんがかっぱ寿司のすばらしさを織り交ぜたラップを披露した。これを聞いた牛尾部長は、「回転寿司業界のキングになれるように頑張りたい」と、とろサーモンのM-1グランプリ2017優勝にあやかりたいと話していた。

[フェア概要]
フェア名:かっぱのサーモンづくし
開催期間:1月10日(水)から各商品がなくなり次第終了
対象店舗:全国のかっぱ寿司全店

かっぱ寿司=https://www.kappasushi.jp

 


このページの先頭へ