食事・レストラン

吉野家、はなまるうどんとコラボした「はしご定期券」キャンペーンを開始、丼・定食・皿・カレーがいつでも80円引きになる定期券を期間限定発売

2017.09.15 20:06 更新

 吉野家は、全国の「吉野家」店舗で、丼・定食・皿・カレーが毎日80円引きになる吉野家・はなまる「はしご定期券」キャンペーンを9月15日から期間限定でスタートした。このキャンペーンは、讃岐うどんチェーン「はなまるうどん」を展開するはなまるとのコラボによって実現したもので、「はしご定期券」は、9月22日まで「吉野家」および「はなまるうどん」の各店舗で数量限定で発売中だ。そこで今回、キャンペーン初日の9月15日に、店舗が隣接している「吉野家 新大橋通り八丁堀店」と「はなまるうどん 八丁堀店」で、「はしご定期券」を使ったお得な食べ歩きを体験してみた。

 「はしご定期券」は、「吉野家」と「はなまるうどん」の双方の店舗で共通して利用できるカードで、期間中であれば1枚で何人でも、何度でも、何食でも利用することができるという。「はしご定期券」を使うことで、「吉野家」では、丼・定食・皿・カレーがいつでも80円引きで食べられるようになる。一方、「はなまるうどん」では、うどん1杯ごとに、天ぷら1品を無料で提供するとのこと。

 「『はなまるうどん』では、毎年『てんぷら定期券』を販売し、消費者から好評を得ている。『吉野家』でも、同様の定期券を展開できないかと考えたのがきっかけだった。そして、せっかくやるのならば、単独ではなく『はなまるうどん』とコラボしたほうが相乗効果が生まれると思い、共通の『はしご定期券』を企画した」と、「吉野家」と「はなまるうどん」の初コラボが実現した経緯を教えてくれたのは、吉野家 企画本部 広報・PR担当の加藤勉氏。「この定期券を使えば、毎日お得に牛丼などのメニューを食べることができる。また、普段あまり足を運ばない人も、定期券を持っている人と一緒に来店すれば、いつでも80円引になるので、ぜひまわりの人たちを誘って定期券を活用してほしい」と、吉野家史上最大にお得なキャンペーンになっているとアピールしていた。「『はしご定期券』は、『吉野家』1店舗あたり約600枚を販売予定で、キャンペーン期間中に2割の利用客増を見込んでいる」と、吉野家ファンのさらなる拡大につながることに期待を寄せていた。

 


 今回、「吉野家 新大橋通り八丁堀店」と「はなまるうどん 八丁堀店」の店舗が隣接していることから、キャンペーン初日の9月15日に、実際に「はしご定期券」を使って、「吉野家」から「はなまるうどん」へ、お得な“はしご”を体験してみた。まず、「吉野家」では、「牛丼 並盛」を注文。通常であれば380円のところを、80円引の300円で食べることができた。「吉野家」での「はしご定期券」のお得な活用法としては、普段「牛丼 特盛」(680円)を食べている人であれば、「牛丼 並盛」を2つ頼めば、同じ価格でボリューム満点の牛丼を楽しむことができる。また、80円引きを利用して、サイドメニューを1品追加するのもおすすめだ。

 


 「はなまるうどん」では、「ぶっかけ(中)」(300円)を1杯注文すると、「かき揚げ」(140円)を1つ無料でつけることができた。天ぷらは、どれでも1品無料なので、好みのものを選ぶことが可能だ。「はしご定期券」のお得な活用法としては、たとえば、天ぷらをたくさん食べたい人は、「ぶっかけ(中)」を1杯注文するよりも、「ぶっかけ(小)」を2杯注文すれば、天ぷらを2品無料でつけることができる。「はしご定期券」をうまく活用することで、いつもより贅沢な“はなまる天ぷらうどん”をリーズナブルに楽しむことができるので試してみてほしい。

 さらに、「はしご定期券」は、1枚で何人でも何食でも、期間中は使いたい放題なので、職場の仲間や学生の友達グループ、家族など、みんなで使えば使うほどお得度がアップするのも見逃せない。「吉野家」や「はなまるうどん」での食事を通じて、コミュニケーションを深めるきっかけづくりにも活用できそうだ。

 「はしご定期券」の販売期間は9月22日まで。販売終了まであとわずかなので、このチャンスを逃さずに、「吉野家」と「はなまるうどん」がお得に楽しめる「はしご定期券」を手に入れてみては。【PR】

[「はしご定期券」概要]
販売期間:9月22日(金)まで
使用期間:9月15日(金)~10月23日(日)
販売価格:300円(税込)
吉野家特典:丼・定食・皿・カレー すべて80円引き
はなまる特典:うどん1杯ごとに天ぷら1品無料

吉野家=https://www.yoshinoya.com/
はなまるうどん=https://www.hanamaruudon.com/


このページの先頭へ