食事・レストラン

テイクアンドギヴ・ニーズ、アメリカンダイニング「BLUE POINT」のディナーグランドメニューを刷新、会話が弾む食事を目指しフィンガーフードを開発

2017.05.17 22:24 更新

 カリフォルニアスタイルのパイ専門店カフェ&レストラン「Pie Holic(パイホリック)」などを運営するテイクアンドギヴ・ニーズ(以下、T&G)は、東京・白金プラチナ通りに佇む、オールデイ アメリカンダイニング「BLUE POINT(ブルーポイント)」のディナーグランドメニューを5月20日から刷新し、新たなアメリカンスタイルを提案する。5月16日、17日に行われた試食会では、ゲストの会話が弾み、食事のひとときをより一層楽しめる、シェア料理やフィンガーフードを紹介。様々なシーンで利用できるメニューの数々が振る舞われた。

 


 「白金プラチナ通りに佇むオールデイ アメリカンダイニング『ブルーポイント』は30年の歴史を持つレストラン。当社が運営に携わったのは、2011年からで、白金プラチナ通りの活気が、当初よりも薄れ行く中で、多くの消費者を満足させるべく、メニューを刷新しながら運営を行ってきた」と、T&G 事業開発本部 レストラン事業部の小川寛樹エリアマネージャーが挨拶。「当社は、ハウスウェディングを中心に事業を展開。レストラン事業としては、カリフォルニアスタイルのパイ専門店カフェ&レストラン『パイホリック』をオープンし、消費者に食のスタイルを提案してきた」と、食を通じて消費者に新たな価値を提供しているのだと力説する。「当社の理念は、“人と人の人生を豊かにする”としており、One Heartという心を一つにする試みを行っている。レストラン事業部では、このOne Heartを具現化する取り組みひとつとして、『ブルーポイント』のディナーグランドメニューを刷新。人と人との会話が弾む雰囲気を演出するメニューを開発した」と、今回ディナーグランドメニューを刷新するに至った経緯を説明する。「会話が弾むように、堅苦しい雰囲気ではなく、カジュアルな雰囲気を演出してもらうべく、手で食べることができるメニューを取りそろえた」と、食事のひとときを一層楽しめる工夫が施されたメニューになっているとアピールした。

 今回刷新したディナーグランドメニューは、ボリュームのある前菜や、素手で楽しむバッファローチキン、ソフトシェルクラブ&シュリンプ、豪快でジューシーなステーキ・ラム肉など、全36種類となる。また、90種類以上のドリンクやフォトジェニックなデザートも豊富に揃えているという。

 では、試食会で振る舞われたメニューについて見てみよう。「ロメインレタス ポーチドエッグ ベーコン マッシュルーム コブサラダ」は、ロメインレタスを大胆に半分使いたくさんの食材を一度に楽しめるオリジナルコブサラダとなっている。「“シャクシャカ”チキン トマト オニオン エッグ モッツァレラチーズ」は、ひとりでも、シェアしても会話が弾む前菜メニューとなっている。「バッファローハラペーニョチキンウィング」は、国産チキンにハラペーニョを加えBBQソースにケールのペーストを合わせた甘辛の刺激的なバッファローウィングとなっている。

 


 「ガーリックブレンド“プルアパート”」は、パンを丸ごとお皿に乗せて提供するメニュー。「ディープフライド ケイジャンソフトシェル シュリンプ」は、殻ごと食べられるスパイシーソフトシェルシュリンプ。一口食べれば止まらない、ケイジャンスパイスで仕上げた刺激的な味わいとなっている。「ディープフライドケイジャンソフトシェル クラブ」は、カニ好きの人におすすめな殻ごと食べられるスパイシーな一品となっている。「USビーフ Tボーンステーキ」は、顔よりも大きい600gを超える迫力のTボーンステーキとのこと。左側の柔らかいフィレ肉と右側の味わい深いロースを一緒に楽しんでほしいメニューとなっている。

 

 デザートの「パフクリームパック」は、フォトジェニックな見た目も楽しめるメニューとなっている。ドリンクは、これからの季節に最適な「モヒートコーヒー」を提供。さっぱりとした飲み口になっている。

[「BLUE POINT」概要』
名称:BLUE POINT(ブルーポイント)
所在地:東京都港区白金台4丁目19番19号
営業時間:11:00~23:00(LO22:00)
定休日:なし
電話番号:03-3280-2020

テイクアンドギヴ・ニーズ=http://www.tgn.co.jp
BLUE POINT=http://www.tgn.co.jp/hall/shirogane/bp/


このページの先頭へ