食事・レストラン

天丼てんや、季節限定メニュー「早春天丼」と「華味鳥とりつくね天丼」を販売

2017.01.11 13:46 更新

 天丼てんやは、1月12日から季節限定メニューとして、「早春天丼」と、「華味鳥とりつくね天丼」を販売する。

 「早春天丼」は、「白魚と小柱のかき揚げ」や「活〆穴子」「海老」などを盛り合わせた一品とのこと。初春の到来を告げる「白魚」と、人気の天ぷらタネの「小柱(イタヤ貝)」を使ったかき揚げは、「白魚」の食感と、「小柱(イタヤ貝)」の濃厚な味わいが魅力となっている。穴子は、「活〆」と呼ばれる手法でさばかれたものを仕入れ、揚げ時間をやや長めにすることによって、外側はカラッと、中はふんわりとした食感を実現。穴子の美味しさを存分に味わえる一品だという。

 「華味鳥とりつくね天丼」は、九州生まれ・九州育ちの銘柄鶏である「華味鳥」を使った贅沢な天丼だとか。「華味鳥」は、澄んだ空気に包まれた、陽光のたっぷり降り注ぐ鶏舎で、海藻・ハーブ等のエキスを加えた専用飼料で大切に育てられる。「華味鳥」を使用した「とり天」と「つくね」を盛り合わせた同品では、「華味鳥」のしっかりした旨味と弾力ある食感を楽しめるとのこと。

 天丼てんやは、これからも常に消費者に満足してもらえるよう、おいしく、かつ安全・安心なメニューを季節に合わせて提供していくという。

[小売価格]
早春天丼:850円
華味鳥のとりつくね天丼:650円~710円
[発売日]1月12日(木)

天丼てんや=http://www.tenya.co.jp/


このページの先頭へ