食事・レストラン

国分とセブン-イレブンなど、"食べられる防災ブック"「東京備食セット」を8000セット限定発売

2017.01.06 10:49 更新

 「東京防災」クリエーティブチームと国分グループ本社およびセブン-イレブン・ジャパンは、1月6日から8000セット限定で災害防災マニュアルと備蓄食がセットになった“食べられる防災ブック”「東京備食セット」の予約をセブン&アイのショッピングサイト「オムニセブン」で開始する。

 同プロジェクトは、「東京防災」クリエーティブチームによる、日本中の災害対応力を高めるための新たなチャレンジとして、すでにクラウドファンディング(クラウドファンディングとは、群衆(Crowd)と資金調達(Funding)という言葉を組み合わせた造語で、インターネットを通じて不特定多数の人から資金を集める仕組みを指す)サイト「Ready for」で先行発売予約が開始されていたが、その理念に共感し、セブン-イレブンでも同商品の販売に至ったという。

 同商品は、料理人エージェント「COOKQOATER(コックコーター)」を代表する賛否両論笠原シェフが監修し、備蓄食とは思えない贅沢な缶詰メニューを、新たな缶詰文化を広めている老舗食品卸・国分が製造し1セットに3食分を用意した。また、「東京防災」クリエーティブチームが新たに編集・デザインした、楽しく備蓄出来る情報が満載のオリジナル防災マニュアルを付け、本棚に飾ることが出来る本型のデザインで提供する。この「東京備食」を通して、備蓄について興味をもってもらい、防災をはじめるきっかけをつくりたい考え。

 1セットで防災の知識と備蓄食がセットで手に入る同商品は、自身や家族のための購入はもちろんのこと、離れて暮らす大切な人への贈答品や、デザイン性の高さからオフィスに備える製品としても活用できる。今後も各社協力し、「備食シリーズ」をはじめとした日本中の災害対応力向上に寄与する製品の開発やサービスを行っていく考え。

[小売価格]8640円(税込)
[予約開始日]1月6日(金)

国分グループ本社=http://www.kokubu.co.jp/
セブン-イレブン・ジャパン=http://www.sej.co.jp/


このページの先頭へ