食事・レストラン

鉄道会館、東京駅のエキナカ商業施設「グランスタ」で「ハロウィンフェア」を開催

2016.09.20 21:19 更新

 JR東日本グループの鉄道会館は、運営する東京駅改札内地下1階のエキナカ商業施設「グランスタ」、および改札外地下1階の「グランスタ丸の内」で、10月31日のハロウィンに向けて、10月1日から10月31日にかけて「ハロウィンフェア」を開催する。期間中は、ハロウィンパーティーの持ち寄りスイーツやギフトに最適な、おばけやジャック・オ・ランタンなどをモチーフにしたハロウィン限定スイーツが多数登場し、7月27日にオープンしたグランスタ新エリアでもハロウィン限定の雑貨アイテムを多数展開する。また、SNSを利用した抽選で、グランスタのおすすめ商品セットが当たるイベントも初開催し、東京駅からハロウィンを盛り上げる考え。

 ハロウィン限定&グランスタ限定のスイーツが登場。おばけやジャック・オ・ランタンをモチーフにしたかわいくて楽しいビジュアルのスイーツは、パーティーの持ち寄りやハロウィンギフトに最適となっている。

 菓子研究家いがらしろみプロデュースの手作りカップケーキ専門店「フェアリーケーキフェア」では、持ち運びしやすくて手土産に便利なベイクドカップケーキ「ベイクドハロウィン」が、ハロウィンバージョンで登場。おばけやジャック・オ・ランタンなどのかわいいモチーフが、ハロウィン気分を盛り上げる。

 


 フランス王家も愛した美食のブランド「ダロワイヨ」では、人気のスクエア型シュークリームが、かぼちゃのモチーフが載ったハロウィン仕様「シューキュービック シトルイーユ」で登場する。シトルイーユとは、フランス語で「ペポかぼちゃ」(かぼちゃの一種、観賞用のかぼちゃ)の意味とのこと。

 チーズケーキ専門店「フォルマ」では、マロンのレアチーズムースに、カボチャのジュレを合わせて渋皮栗を載せた、ハロウィン仕様のチーズケーキ「ポティロン」が登場する。収穫を祝うお祭りでもあるハロウィンの持ち寄りスイーツに最適な、秋の味覚のチーズケーキとなっている。

 


 マカロン専門店の「アルデュール」からは、芋・栗・カボチャ・洋ナシ・ぶどうと、秋の味覚の5種にかわいいハロウィンのプリントをした限定マカロン「マカロンソルセルリー」が登場する。パッケージもかわいくて、ハロウィンギフトに最適だとか。ソルセルリーとはフランス語で魔術、妖術の意味となっている。

 明治10年創業の老舗「三原堂本店」によるハロウィン限定&グランスタ限定の和スイーツ「ハロウィン上生菓子」を販売する。ジャック・オ・ランタンの練り切りと、おばけが刻印された雪平のセットとなっている。

 


 「かぼちゃ饅頭」は、銀座に本店を構える人気和菓子店「銀座甘楽」によるハロウィン限定のおまんじゅう。ニコリと笑ったジャック・オ・ランタンの中には、風味豊かなカボチャ餡が入っている。1個単位で購入できて、自分用にもプチギフトにも最適となっている。

 楽しいギフトアイテムを集めたセレクトショップ「バースデイ・ミニ・バー」では、ふたを開けるとハロウィンキャラが笑いながら飛び出す、ビックリ箱「ハロウィン サプライズボックス」を販売。ハロウィンパーティーのサプライズアイテムや、ハロウィンらしく、いたずらごころのあるギフトに最適となっている。

 ドイツの伝統工芸織物であるシュニール織の老舗ブランド「フェイラー」のギフトショップ「ラブラリー バイ フェイラー」では、ハロウィン限定柄のハンカチ「オー オバケ」と「ザ コウモリ」を販売する。ハロウィン気分を盛り上げる、おばけやこうもりをデザインしたかわいいハンカチは、ハロウィンパーティーのお供や、ハロウィンのギフトに最適とのこと。

[小売価格]
ベイクドハロウィン:1500円
シューキュービック シトルイーユ:702円
ポティロン:1944円
マカロンソルセルリー:1404円
ハロウィン上生菓子:800円
かぼちゃ饅頭:1個 185円
ハロウィン サプライズボックス:各1058円
オー オバケ ハンカチ、ザ コウモリ ハンカチ:各2160円)
(すべて税込)
[発売日]10月1日(土)

鉄道会館=http://www.tokyoinfo.com


このページの先頭へ