健康食品・医薬品

ニチバン、鎮痛消炎剤「ロイヒ」シリーズから「ロイヒつぼ膏 クール 大判」を発売

2020.09.11 10:05 更新

 ニチバンは、鎮痛消炎剤「ロイヒ」シリーズで人気の冷感タイプ「ロイヒつぼ膏クール」から、レギュラータイプに比べ面積が約2倍の大判サイズ[78枚入り]を9月16日(メーカー出荷)から全国の薬局・薬店、ドラッグストアなどで発売する。

 「ロイヒつぼ膏クール」は、丸形タイプで狙ったところにピンポイントで貼れる冷感タイプの鎮痛消炎剤とのこと。l-メントールを多く配合して冷感刺激を増し、サリチル酸メチルとdl-カンフルの鎮痛消炎効果によって、肩こり・腰痛・筋肉痛などを緩和する。

 今回レギュラーサイズの約2倍の面積(直径3.9cm)がある「ロイヒつぼ膏クール大判」を新たにラインアップした。腰や背中など、より広い部位のコリや痛みにおすすめとなっている。

 同品は、レギュラーサイズ(直径2.8cm)に比べ約2倍の面積(直径3.9cm)で効き目感アップした。有効成分のサリチル酸メチルやdl-カンフル、l-メントールなどの冷感刺激による高い鎮痛消炎効果により、痛みを緩和する。丸い形状なのではがれにくく、一人で狙ったところにピンポイントで貼れる。皮膚の動きにあわせて伸縮する基材を採用し、違和感なく肌にフィットする。

[小売価格]1200円(税別)
[発売日]9月16日(水)

ニチバン=http://www.nichiban.co.jp/


このページの先頭へ