健康食品・医薬品

エーザイ、肌の乾燥不快感を解き放っていく保湿剤「ザーネメディカルスプレー/クリーム」を発売

2020.08.25 22:00 更新

 エーザイは、世代を越えて多くの人々の手肌に寄り添ってきた「ザーネ」ブランドから、「ザーネメディカルスプレー」(100g)および「ザーネメディカルクリーム」(25g)(いずれも第2類医薬品、以下「ザーネメディカル」)を、8月25日に全国の薬局・薬店、ドラッグストアで発売する。

 同社が実施した40~50代女性1000名を対象とした調査では、5年前に比べて肌の乾燥や乾燥範囲の広がりを感じている人は、約7割に上る(4月実施)。また肌の乾燥に悩んでいる人からは、「太ももやスネ、わき腹、背中にまで乾燥が広がってきた」、「肌着が擦れるだけでも気になってしまう」、「粉をふいた皮膚が脱いだ服の内側について複雑な気持ちになる」といった乾燥不快感に関する声が寄せられた。女性の肌は、30代後半以降、肌の水分保持に必要な、皮脂・天然保湿因子・角質細胞間脂質が減っていくため、より確かな医薬品の保湿力が必要であると考えられる。

 「ザーネメディカル」は、年齢とともに進んでいく肌の乾燥(乾皮症)に高い保湿効果を発揮する有効成分「ヘパリン類似物質」を配合した第2類医薬品とのこと。「ヘパリン類似物質」は、角層に浸透し、天然保湿因子を増やすとともに、角質細胞間脂質の構造を修復することで、乾燥した肌を保湿する。

 製品ラインは、使用部位や使用シーンによって選べるスプレーとクリームの2タイプとなっている。「ザーネメディカルスプレー」は、OTC医薬品として初となるスプレータイプのヘパリン類似物質配合ローションだとか。逆さにしても噴霧できる容器を採用し、細かな霧状のローションによって、自分では塗布しにくい背中やわき腹、太もも裏にも手軽に使用できる。また、「ザーネメディカルクリーム」は携帯に便利なチューブタイプとし、外出先での我慢できない乾燥不快感にもおすすめの製品となっている。

 「ザーネ」ブランドは、66年間にわたり多くの人々の生活に優しく寄り添い続けてきた。医薬品であるザーネメディカルの新発売によって、今まで貢献できなかった肌悩みにも応えられるようになったとのこと。ザーネの優しさと医薬品の保湿力で、「肌の乾燥不快感から解き放たれたい」と願う生活者の想いに、より一層応えていく考え。

[小売価格]
ザーネメディカルスプレー:1800円
ザーネメディカルクリーム:600円
(すべて税別)
[発売日]8月25日(火)

エーザイ=https://www.eisai.co.jp/index.html


このページの先頭へ