健康食品・医薬品

サントリー食品、「伊右衛門プラス コレステロール対策(機能性表示食品)」1Lペットボトルを発売

2020.08.28 19:05 更新

 サントリー食品インターナショナルは、「悪玉(LDL)コレステロールを下げる」ことが報告されているプロシアニジンB1およびB3を機能性関与成分として含有した、サントリー「伊右衛門プラス コレステロール対策(機能性表示食品)」の1Lサイズを9月8日から発売する。

 “人生100年時代”ともいわれる今、同社は「健康で、前向きに、自分らしく生き続けたい」と願う人々に寄添い、サポートできる企業でありたいという思いのもと、2018年9月から「100年ライフ プロジェクト」を始動した。そのプロジェクトの一つとして健康的な生活習慣をサポートする飲料の開発・ポートフォリオ強化を掲げ、昨年5月に「伊右衛門プラス コレステロール対策(機能性表示食品)」500ml・325mlペットボトルを発売した。「手軽にコレステロール対策ができる」と好評を得ており、さらに「毎日飲みたいので、大きいサイズが欲しい」といった要望も多く、今回の1Lサイズの発売となった。

 「伊右衛門プラス コレステロール対策(機能性表示食品)」1Lペットボトルは、丁寧に火入れした一番茶と、まろやかでさっぱりとした渋みが特長の熟成茶葉を使用し、心地よい芳ばしい香りとさっぱりとした味わいで毎日飲み続けられるおいしさを実現した(摂取目安量は、1日500ml)。ラベル上部に「毎日コレステロール対策」と表記し目につきやすくすることで、日常のコレステロール対策マインドを喚起するデザインを採用。ラベル全体に明るい緑のグラデーションを用い、毎日飲み続けられる、おいしいお茶であることを表現している。また、冷蔵庫のどこにでも入る便利なスリムサイズの容器となっている。

[小売価格]320円(税別)
[発売日]9月8日(火)

サントリー食品インターナショナル=http://suntory.jp/sbf/


このページの先頭へ