健康食品・医薬品

ファンケル、機能性表示食品「血圧サポート」をリニューアル発売

2020.07.15 19:54 更新

 ファンケルは、8月20日から、高めの血圧を下げる機能性表示食品「血圧サポート」(30日分)を、通信販売と直営店舗でリニューアルして発売する。同製品に新たに配合している機能性関与成分「トリペプチドMKP(メチオニン-リジン-プロリン)」と「γ-アミノ酪酸(GABA)」が、高めの血圧を下げ、正常な血圧を維持する。今後同製品を新たな戦略製品と位置付け、積極的なプロモーションを展開していく考え。

 血圧とは血管内の圧力のことで、不摂生な生活習慣や日常生活のストレスなど複数の要因で上昇する。そこで、リニューアルに伴い、同製品には「トリペプチドMKP(メチオニン-リジン-プロリン)」と「γ-アミノ酪酸(GABA)」の二つの機能性関与成分を新しく配合した。この二つの成分は血圧が上昇する異なる要因へ、それぞれアプローチすると考えられている。

 同社では、二つの成分のこれまで発表された機能性に関する研究論文を集め、総合的に検証する研究レビュー(システマティックレビュー)を実施し、「高めの血圧を下げ、正常な血圧を維持する」ことを確認しているとのこと。この成分の組み合わせは同社のオリジナルとなっている。

 成分の選定にあたって、「トリペプチドMKP」(メチオニン-リジン-プロリン)が他のペプチドと比較して、血圧を上昇させる酵素の働きを阻害する力が強いことを確認している。「トリペプチドMKP」は、少量で働く高機能成分であり、血圧が高めの人の健康をサポートする。

 より飲みやすさを考慮し、成分を厳選したことで1回の摂取目安量が6粒から3粒に減り、粒の大きさも直径1mm程度小さくなった。サプリメントは、健康維持のため毎日摂り続けてもらいたいものだからこそ、摂ること自体がストレスや負担にならないように配慮し、リニューアルしている。

[小売価格]2376円(税込)
[発売日]8月20日(木)

ファンケル=https://www.fancl.jp/


このページの先頭へ