健康食品・医薬品

味の素、機能性表示食品「ブルーベリー&ルテイン」を発売

2020.07.14 11:18 更新

 味の素は、機能性表示食品(事業者の責任で科学的根拠を基に製品パッケージに機能性を表示するものとして消費者庁に届け出られた食品)「ブルーベリー&ルテイン」を7月15日から発売する。同製品は、目の潤いと手元のピント調節機能をサポートし、目の疲労感を緩和する成分ビルベリー由来アントシアニンと、目のコントラスト感度を改善する成分ルテインを配合し、目の健康維持に役立つ。

 スマートフォン、パソコンなどの普及によって、目の健康を維持することは生活者にとって重要な課題となっている。アイケアサポート食品の国内市場規模は約450億円で今後も安定的に推移すると見込まれている(出典:富士経済「H・Bフーズマーケティング便覧2020 総括・関連市場分析編」)。

 「ブルーベリー&ルテイン」は、ブルーベリーの一種であるビルベリー由来アントシアニン43.2mgとルテイン6mgを配合したサプリメント(機能性表示食品)とのこと。ビルベリー由来アントシアニンは、スマートフォンやパソコンなどの利用によって低下する目の潤いと手元のピント調節機能をサポートし、目の疲労感を緩和する機能があるという。ルテインは、スマートフォンやパソコンなどの長時間の使用により低下する目のコントラスト感度(ぼやけやかすみを軽減し、くっきりと見る力)を改善する機能があるという。

 スマートフォンやパソコンの使用によって目の酷使が増え、目の健康を気遣う人へ、機能性表示食品としてエビデンスに基づいた機能を明確に謳う製品を届ける考え。

[小売価格]1978円(税込)
[発売日]7月15日(水)

味の素=https://www.ajinomoto.co.jp/


このページの先頭へ