健康食品・医薬品

こんにゃくセラミド健美肌プロジェクト、環境・健康・美容にこだわった"美おやつ"「チアシード蒟蒻ゼリー こんにゃくセラミドプラス+」を発売

2020.06.29 19:47 更新

 こんにゃくセラミド健美肌プロジェクトは、こんにゃく芋由来の成分である「こんにゃくセラミド」について、日本全国の健康的な肌の維持を目的として情報発信を行っている。先日同プロジェクトに参入したことを発表したエイベックス・エンタテインメントのビューティー事業「avex beauty method(エイベックス・ビューティー・メソッド)」と、若翔が、環境・健康・美容にこだわった“美おやつ”「チアシード蒟蒻ゼリー こんにゃくセラミドプラス+」(1袋10個入)を、6月26日に全国の量販店などで発売した。

 今回の新商品発売にあたっては、こんにゃくセラミドをより多くの人に伝えていくため、avex beauty methodが展開する“耳にかける美顔器”イヤーアップが叶える「手軽に美顔ケア」と連動した商品の開発を発案、若翔に手軽に美味しく美容ケアができる“美おやつ”というカテゴリを提案、共同開発し、商品が完成した。肌のバリア機能を促進し全身に潤いを与える効果が期待できる「こんにゃくセラミド」に加え、商品開発にあたりさらなる健康美肌成分を加えることで、コロナストレスにも負けないような健康な体と肌のケアを推奨している。

 「チアシード蒟蒻ゼリー こんにゃくセラミドプラス+」は、スーパーフードの代表格「ホワイトチアシード」を配合した。チアシードには、中性脂肪や悪玉コレステロールを減少させ血栓予防や中性脂肪値・食後血糖値低下の働きをするαリノレン酸やグルコマンナン、腸内環境改善効果が期待できる食物繊維を多く含んでいる。また、豊富なタンパク質を含み、腹持ちの良さ、代謝促進に役立つビタミンやミネラルを多く含むことからもダイエットにもおすすめとのこと。一般的なチアシードは黒色だが、より栄養価の高く希少な白いチアシードを採用している。

 また、アサイーの3倍の抗酸化力といわれる「カスカラ」を配合。ポリフェノールの含有量も多く、活性酸素を除去して脂質の分解燃焼をサポートするクロロゲン酸やコレステロールを低下させるリゴネリン、リラックス効果をうむカフェ酸、美白効果のあるフェルラ酸も含んでいる。コーヒー豆の製造工程で捨てられていた果実や皮の部分を乾燥させたもので、こんにゃくセラミドの原料「飛び粉」同様、アップサイクルな成分として注目され始めている。

 蒟蒻はカロリーが低く腹持ちがいい上、豊富な食物繊維であるグルコマンナンや骨や歯を強くするカルシウムを含んでいる。コレステロール値を下げたり有害物質を排出させる働きも期待できる。体内に入れると腸内細菌によってオリゴ糖へと変化し、腸内環境を整え便秘の改善にも効果的となっている。

 植物性成分にとことんこだわった。「こんにゃくセラミド」もアレルギーの原因ともなるグルテンを含まないとのこと。

 コロナの影響など運動不足からくるボディラインの崩れ、また、マスクや冷房による乾燥などによる肌荒れが起こりやすい今こそ、解決策のひとつとして“美おやつ”を取り入れてみては。美味しく、手軽に健康・美容ケアができる「チアシード蒟蒻ゼリー こんにゃくセラミドプラス+」は、マスカット味とレモン味の2種類のフレーバーで発売する。

[小売価格]各350円(税別)
[発売日]6月26日(金)

こんにゃくセラミド健美肌プロジェクト=https://konjacceramide-pj.jp/


このページの先頭へ