健康食品・医薬品

ヤクルト、乳製品乳酸菌飲料「Yakult(ヤクルト)1000」の販売地区を拡大

2020.05.15 13:30 更新

 ヤクルト本社は、乳製品乳酸菌飲料「Yakult(ヤクルト)1000」の販売地区を拡大する。

 「Yakult(ヤクルト)1000」は、現在、関東1都6県(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)で先行販売し、消費者から好評を得ており、当初の販売目標を上回って推移しているという。今回、8月31日(今後の新型コロナウイルスの感染状況や政府による緊急事態宣言等によって、地区拡大のスケジュールが変更になる可能性がある)から販売地区を北海道・東北地区全域と静岡県、山梨県、長野県、新潟県に拡大する。

 「Yakult(ヤクルト)1000」は、生きた「乳酸菌 シロタ株」を1本(100ml)に1000億個を含む、同社史上最高菌数・最高密度(1mL当たり10億個の「乳酸菌 シロタ株」が含まれており、これは同社史上最高菌数・最高密度の乳製品乳酸菌飲料)の乳製品乳酸菌飲料となっている。

 同品は、同社初の機能性表示食品で、一時的な精神的ストレスがかかる状況での「ストレス緩和」「睡眠の質向上」の機能があるという。また、「Newヤクルト」の相似形容器(100ml)を採用。同社初の機能性表示食品となっている。

[小売価格]
1本:130円
7本パック:910円
(すべて税別)
[発売日]8月31日(月)

ヤクルト本社=http://www.yakult.co.jp/


このページの先頭へ