健康食品・医薬品

[新型コロナウイルス(COVID-19)関連]スギ薬局、「名古屋大学病院店」にサーマルカメラを用いた熱検知やUVGI紫外線殺菌照射装置など設置

2020.05.07 12:33 更新

 スギ薬局は、「名古屋大学病院店」において、一般的な新型コロナ対策(服薬指導カウンターへのアクリルパーテーション設置等)に加えてさらにサーマルカメラを用いた熱検知、UVGI紫外線殺菌照射装置AERO SHIELD(エアロシールド)の設置を行った。

 また、健康情報紙「新型コロナから身を守ろう!」の配布を行い、患者が安全に安心して処方せん調剤、薬の相談ができる環境を整えた。今後も、感染拡大防止に努め、「かかりつけ薬局」として地域社会に貢献していく考え。

 サーマルカメラを用いた熱検知では、カメラによるリアルタイム情報で非積極検知(0.5秒瞬間スクリーニングで誤差±0.1℃の熱情報を検知)する。異常発熱を検知した場合、警告音と光で発熱の疑いを警告できるという。大型モニターにも警告が出るため、個人への注意喚起とその理解を得ることができるとのこと。

 紫外線殺菌照射装置AERO SHIELD(エアロシールド)の設置では、「エアロシールド」は、紫外線の中でも最も殺菌効果が高いとされているUV-Cで空気を殺菌する紫外線照射装置となっている。特殊なルーバー(仕切り版)構造による紫外線の水平照射と独自の安全管理方法によって、人がいる空間で24時間安全に室内の空気を殺菌することができる。全9台を設置(待合室に6台)する。

 健康情報紙「新型コロナから身を守ろう!」を希望者に配布する。住み慣れた地域で自分らしく生きるための健康情報紙(新型コロナから身を守ろう)特集号の配布を開始しているという。いま私たちにできることや、おうちで「動かない生活」に注意しようなどの特集もあるとのこと。

スギ薬局=http://www.drug-sugi.co.jp/


このページの先頭へ