健康食品・医薬品

[新型コロナウイルス(COVID-19)関連]ココカラファイン、電話等を用いた服薬指導を開始

2020.04.30 15:27 更新

 全国にドラッグストア・調剤薬局を展開する、ココカラファインは、今回の新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、厚生労働省4月10日通知「新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用いた診療等の時限的・特例的な取扱いについて」に基づき、一時的な特例として、医療機関の許可があれば、調剤薬局で電話等を用いて薬の説明を受けることができるようになった。

 薬を郵送や宅配によって自宅などへ送ることも可能とのこと(薬によっては送ることができない場合がある)。薬を送る費用は患者の負担となる。薬の配達を希望の人は、近くの店舗まで問合せてほしいとのこと。

 ココカラファインの店舗では、新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、調剤店舗の投薬台などにアクリルパーテーションを設置し、患者と同社従業員の相互に飛沫感染リスクを軽減し、安心・安全に薬を受け取れるよう取り組んでいる。

ココカラファイン=https://www.cocokarafine.co.jp/


このページの先頭へ