健康食品・医薬品

アサヒグループ食品、手軽においしく塩分補給できる「塩レモンキャンディ」と「梅ぼし純タブレット」を発売

2020.03.23 18:03 更新

 アサヒグループ食品は、環境省が推進する「熱中症予防声かけプロジェクト」に賛同し、今年も手軽においしく塩分補給ができる「塩レモンキャンディ」を3月30日に、「梅ぼし純タブレット」を4月6日に、発売する。

 熱中症は、重症化すると命を落とす危険性があるという。熱中症が急増するのは、梅雨が明ける7月だが、もっと早い時期からも発生しており、昨年の5~6月に全国で約8600人の人が熱中症で救急搬送されている(「2019年(5月から9月)の熱中症による救急搬送状況」(消防庁))。

 アサヒグループ食品では、2018年から、初夏を迎える前に外出先や家庭でも手軽においしく塩分補給ができる商品を発売することや、商品パッケージに「熱中症予防声かけプロジェクト~ひと涼みしよう~」のマークを配することで、熱中症予防の啓発を推進している。昨年は、同プロジェクト実行委員会が主催する「ひと涼みアワード」の企画・アイディア部門において優良賞を受賞した。

 「塩レモンキャンディ」は、ビタミンC、B1配合の栄養機能食品とのこと。塩とレモンの組み合わせで、すっきりとした味わいだとか。塩分補給と、ビタミン(夏バテ予防に効果的といわれるビタミンB群を中心に、ビタミンC・B1・B2・B6・B12・E、クエン酸を配合)・クエン酸の摂取が同時にできる。キャンディをキシリトールで糖衣することで、口に入れた瞬間ひんやりと感じてもらえる。沖縄県産の塩を使用している。

 「梅ぼし純タブレット」は、「梅ぼし純」で使用している和歌山県産南高梅を使用した、しそ葉入り梅ぼしパウダーを配合しているとのこと。塩分・糖分・クエン酸が入っている。くせになる酸味と塩味と、本格的な梅ぼしの味わいが楽しめるという。

 アサヒグループ食品は、「塩レモンキャンディ」「梅ぼし純タブレット」の発売を通じて、今年も「ひと涼みしよう 熱中症予防声かけプロジェクト」に参画し、消費者の健康寿命の延伸に貢献していく考え。

 「ひと涼みしよう 熱中症予防声かけプロジェクト」は、環境省が推進する、官民が共同で熱中症予防を呼びかけていく国民運動。このプロジェクトは、関係省庁や企業・団体・自治体などと連携しながら、熱中症予防に係る正しい知識を普及するとともに、熱中症予防の声かけの輪を広げる取組となっている。さまざまな形で「ひと涼み」という日本らしい習慣を社会全体に広げることで、だれもが風情のある豊かな夏を過ごせることを願い展開されている。

[発売日]
塩レモンキャンディ:3月30日(月)
梅ぼし純タブレット:4月6日(月)

アサヒグループ食品=http://www.asahi-gf.co.jp/


このページの先頭へ