健康食品・医薬品

資生堂、サプリメントブランド「ザ・コラーゲン」を刷新し発売

2020.03.03 10:15 更新

 資生堂は、コラーゲンドリンク市場No.1(インテージSDI コラーゲン市場(美容・健康ドリンク+栄養ドリンク) 2019年1月~2019年12月 メーカー別累計販売金額)サプリメントブランド「ザ・コラーゲン」(健康補助食品 5品目9品種)を刷新し3月2日から、資生堂薬品を通じて全国のドラッグストア、GMS、資生堂総合美容サイト「ワタシプラス」で発売した。

 現代、美容医療や美容機器の普及などから、美しくあるための選択肢は多数あり、女性たちの自己プロデュース力は益々高まってきている。昨今、ソーシャルネットワークシステム(SNS)の流行で、美肌アプリを活用した自撮りを積極的に投稿する人が増加しており、さまざまな手段で自分自身を魅力的に表現している。このような時代背景の中、美しさを追求し自己の満足を得ることはもちろんのこと、同時に他人にも魅力的にみられたいという願望も高まっている。

 ザ・コラーゲンは、全方位ビューティーを積極的に追求する女性たちに、「4D(イキイキとした立体感のある毎日を、タイムレスにサポートする姿勢) 美容」というアプローチで、すこやかでいきいきと美しい毎日を応援するとのこと。

 ザ・コラーゲンとは、1996年に初めてのコラーゲンサプリメントとして誕生、2002年には独自の成分処方による特許を取得し、その後も進化し続けてきた。2014年には新たに資生堂独自の美容特許成分「コケモモ+アムラ果実」を配合し、カラダの中から美しく導くサプリメントを発売した。昨年には、新たな美容特許成分「イチゴ種子エキス」を配合し、多くの消費者に満足してもらえるよう進化を続け、コラーゲン市場を牽引し続けている。

 資生堂独自の美容特許成分を配合。北欧のスーパーフルーツ「コケモモ」、インドのスーパーフルーツ「アムラ果実」を組み合わせた独自の成分処方によって美容特許を取得した成分となっている。また、資生堂独自の美容特許成分に加え、美容特許成分「イチゴ種子エキス」を配合した。

 環境への取り組みについては、自治体によっては、ラベルをはがす分別ルールがあるといった現状を踏まえ、簡単にラベルがはがせる「はがレーベル」を独自に開発し 2011年から採用している。また、消費者一人ひとりを応援したい気持ちを込めてメッセージを入れている。

 プロモーションでは、「タイムレスに、立体美容。」をメインコピーに、生きいきとポジティブな毎日を実現している道端ジェシカさんを継続起用し、3月上旬からウェブで展開する。

[小売価格]ノープリントプライス
[発売日]3月2日(月)

資生堂=https://www.shiseido.co.jp/


このページの先頭へ