健康食品・医薬品

ココカラファイン、4月1日からレジ袋の有料化を実施

2020.03.03 17:50 更新

 全国にドラッグストア・調剤薬局を展開する、ココカラファインは、7月から義務化される小売店のレジ袋有料化に先駆け、世界的に問題となっている海洋プラスチックごみの削減を推進するため、4月1日からレジ袋の有料化を実施する。

 プラスチックごみは、その多くがリサイクルされずに環境破壊の一因となっている。ココカラファインは、これからの地球を自分たちで守るために、まずは自分たちでできることから取り組んでいきたいと考えているとのこと。今回のレジ袋有料化が買い物袋の持参促進の一助となり、プラスチックごみの削減が進むことを願っているという。消費者・患者と共に、持続可能な世界の実現に向けて取り組んでいくので、協力してほしいと呼びかける。

 現行のレジ袋の在庫が終了し次第切り替えを進める新しいレジ袋は、環境に配慮した「バイオマス素材」を配合した商品(原料として植物などの再生可能な有機資源使用した商品)となる。

[小売価格]
30号(白/グレー)縦 470mm×横 270mm:3円
60号(白/グレー)縦 580mm×横 350mm:5円
特大(グレー)縦 680mm×横 550mm:10円
[実施日]4月1日(水)

ココカラファイン=https://www.cocokarafine.co.jp/


このページの先頭へ