健康食品・医薬品

大正製薬、解熱鎮痛薬(第1類医薬品)「ナロンLoxy」「ロキソプロフェンT液」を発売

2020.03.16 16:31 更新

 大正製薬は、解熱鎮痛作用に定評のある成分であるロキソプロフェンを配合した解熱鎮痛薬(第1類医薬品)、「ナロンLoxy」と「ロキソプロフェンT液」を発売する。

 「ナロンLoxy」は、レモン風味の錠剤で、同社オリジナルの製剤技術によって、早く溶けて、痛みに速やかに効果を表す。同社の解熱鎮痛薬としては初めてのロキソプロフェン製剤とのこと。3月16日から、全国のスギ薬局と、クスリのアオキで販売を開始する。

 「ロキソプロフェンT液」は、OTC医薬品としては初めての、ワンショットの液体タイプで1回1本服用する解熱鎮痛薬とのこと。液体タイプのため、水やぬるま湯と一緒に服用する必要がなく、場所や時間を選ばずに服用できる。3月16日から、クスリのアオキで販売を開始する。

 同社は、解熱鎮痛薬のナロンブランドを1960年から展開し、生活者の人々の痛みに寄り添うブランドとして製品開発を行ってきた。現在では、イブプロフェン、エテンザミド、アセトアミノフェンなどを配合した錠剤や顆粒、5つの製品を発売している。これからも人々に、支持されるナロンシリーズをラインアップしていく考え。

[小売価格]
ナロンLoxy
 6錠:450円
 12錠:630円
ロキソプロフェンT液:907円
(すべて税別)
[発売日]3月16日(月)

大正製薬=https://www.taisho.co.jp/


このページの先頭へ