健康食品・医薬品

盛田、熱中症対策もできるビネガードリンク「さっぱり梅もろみ酢」を季節限定発売

2020.02.25 12:05 更新

 JFLAホールディングスの子会社である盛田は、「さっぱり梅もろみ酢」を、2月25日から季節限定発売する。

 同商品は、エネルギーの源といわれているクエン酸5300mg(100ml当たり)と体内でつくることができない9種のアミノ酸2000mg(100ml当たり)を含む健康サポート飲料「もろみ酢」に、塩分をプラス。暑い夏でもさっぱり飲め、高齢者の人も好む青梅風味に仕上げた熱中症対策ドリンクとなっている。同品30mlを100ml~150mlの水で希釈するので、1本で約15杯分。家庭で経済的に水分補給をしていもらえるとのこと。また、水の代わりに炭酸水などで割ってもおいしく飲用できる。

 日本の気温が年々上昇するのと同時に増えている、夏の悩み「熱中症」。平成30年10月に総務省が発表した「平成30年(5月から9月)の熱中症による救急搬送状況」によると全国における熱中症による救急搬送人員数の累計が9万5137人と増えおり、48.1%が高齢者(満65歳以上)となっている。また、「発症場所ごとの項目別の緊急搬送人員数」について40.3%が“住居”という結果になっている。こうした市場背景を基に、健康サポート飲料のもろみ酢をベースに、家庭で簡単且つ経済的に水分補給ができる熱中症対策ドリンクとして開発した。

 もろみ酢は、沖縄の地酒「泡盛」を造る際に、蒸留の過程でできるもろみ粕「かしじぇー」を圧搾して造る天然発酵クエン酸飲料とのこと。また、「かしじぇー」を圧搾したもろみ酢原液75%以上が含まれたもろみ酢だけに公正取引協議会認定の公式マークがつけることが出来るため、この公正マークは確かな品質の証となっている。

[小売価格]1080円(税込)
[発売日]2月25日(火)

盛田=http://moritakk.com


このページの先頭へ