健康食品・医薬品

大正製薬、患部に貼るだけの口内炎治療薬「口内炎パッチ大正A」の大容量20枚入を発売

2019.10.03 18:10 更新

 大正製薬は、口内炎治療薬「口内炎パッチ大正A」(第3類医薬品)の大容量20枚入を、全国のドラッグストアで、10月3日に発売する。

 「口内炎パッチ大正A」は、貼るタイプの口内炎・舌炎治療薬とのこと。口腔内ですぐれた付着力をもつため、患部を刺激からしっかりカバーし、有効成分がだ液で流れず効果的な治療ができる。2種類の非ステロイド性抗炎症薬である、ムラサキの根から抽出したシコンエキスと、グリチルレチン酸を配合、炎症を抑えるとともに肉芽形成を促して、傷口の治りを早める。

 同社は、「口内炎パッチ大正A」の10枚入を1994年1月に発売した。発売25周年となる同製品は、口内炎治療薬市場におけるトップクラス製品に成長している。

 口内炎治療薬市場は、国内およびインバウンド需要の増加にともない、近年拡大傾向にあるとのこと。また、口内炎は、通常1回に1か所とは限らず複数か所におよび、治療期間も3日から5日程度かかることも多く、大容量包装の需要が高まっていることから、今回20枚入を発売することにした。

 また「口内炎パッチ大正A」の大容量20枚入の発売に伴い、消費者に製品の使用方法や特長をより分かりやすく伝えるため、製品パッケージに、製品説明や使い方説明動画を載せたブランドサイトにアクセスできるQRコードを表示した。

 アクセスした口内炎パッチ大正Aの使い方説明動画には、日本語はもちろん中国語バージョンも用意し、中国の消費者への対応も強化している。

[小売価格]1800円(税別)
[発売日]10月3日(木)

大正製薬=https://www.taisho.co.jp/


このページの先頭へ