健康食品・医薬品

ファンケル、冷凍タイプの青汁「搾りたてケール青汁 青森りんごミックス」を発売

2019.08.29 17:42 更新

 ファンケルは、9月上旬から、冷凍タイプの青汁「搾りたてケール青汁 青森りんごミックス」(7袋入り)を全国の総合スーパーと食品スーパーで新しく発売する。ケール青汁と相性の良い青森県産のりんご果汁をミックスした製品で、青汁が苦手な人でもおいしく野菜不足を補うことができる。青汁の原料であるケールの鮮度にもこだわり、生葉の状態からわずか3時間で製品化した。

 野菜不足の解消を目的とした需要の伸びを背景に、青汁市場は拡大しているという。青汁摂取の目的は野菜不足を補うことのほか、健康の維持などが挙げられており、購入の際には飲みやすさが重視される傾向にあるとのこと。また、冷凍タイプの青汁は鮮度が重視されている。同社ではこれまで鮮度の高い状態で冷凍したストレートタイプのケール青汁を販売してきたが、新たに消費者が試せるよう、鮮度の高さに加えすっきりとした味わいの飲みやすい青汁を開発した。

 ファンケルの青汁は、国産ケール100%とのこと。国内の契約農家で化学農薬を使わずに栽培されたもののみを使用している。毎年の土壌分析をもとに過剰な成分を抑え、足りない成分を補う「ミネラル農法」を採用し、土壌作りから一貫して管理している。こうして栽培されるケールは、栄養価だけでなく甘みや旨みも高まるとのこと。

 また、ケールはビタミンやミネラル、カロテンなどの栄養価が高いことから野菜の王様ともいわれ、同製品は1袋で2/3日分の緑黄色野菜量(ケール生葉 90g分)を補うことができる。

 国産ケールに、青森県産のりんごのさわやかな酸味と甘味をプラスし、後味がすっきりとした味わいに仕上げた。青汁に興味がありながら味が苦手で飲めなかった人でも、不足しがちな緑黄色野菜を手軽に補うことができる。

 野菜は収穫後、時間が経つにつれて栄養価が落ちる。生葉の状態から3時間で製品化しているため、ケール本来のビタミンやミネラルがしっかり含まれている。

[小売価格]858円(税別)
[発売日]9月上旬

ファンケル=https://www.fancl.co.jp/


このページの先頭へ