健康食品・医薬品

モンデリーズ・ジャパン、「さっぱりミントガム」「ホワイトピーチミントガム」が特定保健用食品の表示許可を取得

2019.08.19 18:42 更新

 モンデリーズ・ジャパンは、むし歯の始まり(むし歯の始まりとは脱灰のこと)を抑える独自の牛乳由来成分「CPP-ACP」を配合した特定保健用食品「リカルデント グレープミントガム」に続き、今回、「さっぱりミントガム」と「ホワイトピーチミントガム」も、特定保健用食品の表示許可を取得した。パッケージデザインもリニューアルし、8月26日から発売する。

 新しいパッケージでは、「むし歯の始まりを抑制する」というコピーと特定保健用食品のマークを大きく表示すると共に、みずみずしいジューシー感を表現することで、消費者にとって、「歯の健康」と「美味しさ」が伝わりやすいデザインに生まれ変わるという。

 独自の牛乳由来成分「CPP-ACP」は、再石灰化を促進するリン酸カルシウムを含んでおり、「むし歯の始まり(脱灰)抑制」「歯の再石灰化を促進」「耐酸性を増強」の3つの働きで、歯を丈夫で健康に保つとのこと。この3つの働きでトクホを取得しているのは「リカルデント」だけとなっている。また、日本歯科医師会の推薦も取得している。

 なお、今回の発売で、「むし歯の始まりを抑制する」というコピーと特定保健用食品のマークをより大きく表示しているとのこと。

 モンデリーズ・ジャパン独自開発のロングラスティングカプセルを使用しており、清涼感あふれる味わいが続き、長い時間美味しく楽しめるという。さらに今回、ジューシー感のあるパッケージデザインを採用することで、「美味しさ」がより伝わりやすくなるよう工夫した。

 「CPP-ACP」とは、牛乳由来の成分、カルシウムとリン酸を含むACPと乳タンパクからできたCPPの複合体。メルボルン大学歯学部エリック・レイノルズ教授の長年に渡る研究によって誕生した。発売中のリカルデントには特定保健用食品ではない製品もある。

[小売価格]オープン価格
[発売日]8月26日(月)

モンデリーズ・ジャパン=http://jp.mondelezinternational.com/ja-JP.aspx


このページの先頭へ