健康食品・医薬品

大正製薬、ビオフェルミン製薬の乳酸菌が入った青汁「Livita ファイバープラスケア」を発売

2019.04.01 17:59 更新

 大正製薬は、栄養補助食品の青汁「ファイバープラスケア」を、全国のドラッグストア他で発売する。

 「ファイバープラスケア」は、6種類の植物由来食物繊維を独自バランスで配合し、さらにビオフェルミン製薬の乳酸菌が入った、自分の食生活を手軽にケアしたい人にお勧めの青汁とのこと。人が摂取する際の食物繊維の黄金バランスは、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の割合が2:1といわれている。日本人は、食生活の欧米化によって食物繊維の摂取量が不足しがちで、中でも水溶性食物繊維が不足傾向にあるという。

 水溶性食物繊維を多く配合している「ファイバープラスケア」(1日3袋で約5g(内水溶性食物繊維3.9g)、レタス約1.6個分相当:日本食品標準成分表2015年版七訂より、レタス1個300gとして算出)は、そうした人の食物繊維不足を質・量ともにケアすることが出来るという。さらに、ビオフェルミン製薬の乳酸菌を配合しており、毎日の食事に乳酸菌を気軽に取り入れることができる。さらに水やお湯にサラっと溶け、味もすっきり美味しく仕上げる工夫をすることで、毎日続けやすい青汁となっている。

[小売価格]1800円(税別)
[発売日]4月1日(月)

大正製薬=https://www.taisho.co.jp/


このページの先頭へ