健康食品・医薬品

大正製薬、非刺激性成分の酸化マグネシウムを配合した便秘薬「コーラックMg」を発売

2019.03.19 19:20 更新

 大正製薬は、コーラックブランドの新製品として、非刺激性成分の酸化マグネシウムを配合した便秘薬「コーラックMg」を、4月1日から発売する。

 「コーラックMg」は、酸化マグネシウムが腸に水を集め、固くなった便を柔らかくすることで、効果をあらわす便秘薬とのこと。同社は、「コーラックMg」をコーラックブランドにおける「やさしいシリーズ」の一つとして、便秘薬を初めて使う人や、自然に近いお通じを求める人におすすめしていくという。

 酸化マグネシウムは、服用してもお腹が痛くなりにくく、クセになりにくい特徴があるとのこと。腸内で重炭素塩または炭素塩になり、腸管内で浸透圧によって水分を引き寄せることで便を膨張させ、自然に近い排便を促すという。

 「コーラックMg」は、製剤設計の工夫によって、のどに引っかかりにくく、女性や高齢者にも飲みやすい錠剤に仕上げた。また、配合している酸化マグネシウムの粒子も細かいため、ザラザラした感触を感じにくくなっている。

 同社が昨年実施したインターネット調査(対象:15才以上505名の直近1年で便秘症状を抱えたことがあると回答した人、同社調べ、複数回答可)によると、61.6%の生活者が「市販の便秘薬と聞いて思い浮かべるのは、コーラック」と回答しました。また、別のインターネット調査(対象:15才以上125名の便秘薬未使用者の人、同社調べ、複数回答可)では、48.8%の生活者が「酸化マグネシウム便秘薬を購入するブランドとして、コーラック」を挙げたという。

 同品は、非刺激性成分の酸化マグネシウムが、腸に水を集め、固くなった便を柔らかくすることで、効果をあらわす便秘薬。製剤設計の工夫によって、女性や高齢者にも服用しやすい錠剤となっている。

[小売価格]
40錠:680円
100錠:1330円
(すべて税別)
[発売日]4月1日(月)

大正製薬=https://www.taisho.co.jp/


このページの先頭へ